スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

R小公開研

最初に足を運んでから5年がたったようです。
あの時の1年生がいま6年生。
どの顔も全く覚えていないのですが(そりゃそうだ)
感慨深いものがありました。


以下、単なるメモ。
-------------------------------------------
5分モジュールは1年生の英語
10-1
Where's Spot?
Phonics A-N
Who is he? He is father.
Story time1 ("I am pink," said the pig.とか)
Story time2 (Three little monkeys)
Phonics O-Z
-------------------------------------------

やっぱり、こういうドリル部分は必要だと私は思っている。
で、モジュールでそういう時間がとれないところでは
45分のどこでどのようにいれていけばいいのかなぁってこと、
5年前から漠然と考えている。
答えはまだないorz

フラッシュカード(?スライド)なのでかなり早く言うことになる。
で特に語尾の音がおろそかになっていた(-sはほぼ落ちていた)。
どこで修正を加えるのかな? 先生かな? 自分で気づくまで待つのかな?
量を確保して、Accuracyは後にするか、
ある程度速さを制限して、ドリル時点で音の正確さを増すか

つぎの5分は算数・・・これは百ます計算だった。
その前の国語が終わっていなくて、朗読していたけれど、
先生が口を相当はっきり開けて発音しているのが印象的だった。
それでなくても口をあんまり開けずにしゃべってしまう傾向があるものね、昨今。

-------------------------------------------------------------------------------
公開授業1(5年生:いろいろな職業)
流れは 
1.Ice breakingのためのSmall talk
2.いろいろな職業描写活動 
  ペアでThey can make houses. They work at a hospita. The use xxxx. They have ...
  などのヒントを与え、相手がIs it a doctor?と答える。
  Theyで言っているので、 Are they doctors?じゃないのかな?
3.Small talk 古地図と現在の地図
        地図記号
  I see XXX.といって見えているものを言う。
  場所を表す言葉の確認、かな。
4.まちづくり
  Simcityがモデル?
  でも面白い。私もやってみたいな。
  単発授業でできるだろうか?
  単語ベースでの活動ならできそうだけれど、センテンスレベルに持っていくには難しいな。
5.リーディング
  ORTから Dragon's tree 懐かしい
6.歌
-----------------------------------------------------------------


今後、使った表現をどの程度retainできるかは分からないけれど、
以前よりもセンテンスレベルで発話が出ているような気がした。
”センテンスレベルで言うこと”自体が目的でないとしても、Communicationをとるために、単語だけでなくセンテンスで行ったほうがいい、という気持ちが働いていると思った。
担当の先生が言っていたように、言いたいことを手っ取り早く言うために単語レベルでの発話が(言いたいという気持ちが強くなればなるほど)増えてしまうのは仕方ない・・・よね。
(それが高じると「日本語」になっちゃうんだよね、公立では orz)

-----------------------------------------------------------------
公開授業2 (3年生 日曜日に何をする?)
1.動詞のReview
  動詞を使ってセンテンスを作る
  フラッシュカードでチーム対抗
  隣の子と
2.場所あてリスニングクイズ
  2問
3.日曜日の過ごし方についてSmall talk
4.日曜日にどんなことをするのが好きか、いつもどんな過ごし方をしているかなど
  プレゼンテーションの表現の提示
5.LLLからStrange Street Again
6.Frosty the Snowman   
-----------------------------------------------------------------

英語ノートだと2だね。
見た目、すごくおさない感じの3年生が、頑張って言ってたなー、考えながら言ってた・・・てことはForm入ってるってことだね、明示的に教えていなくても。
What do you usually do?とWhat do you like to do?がごっちゃになってた(子どもの返答をみていると混乱していると感じた)。
むずかしいよね、自分がやっているときも、いつもそう思う。
好きなのか、持っているのか、とか。
すきなことか、することなのか、とか。
すきなものなのか、ほしいものなのか。

Likeって曲者。



うう、もう時間切れ。
このあたりでメモは終了。










しんどいー

やばいよーーー。

明日を終えれば、あと月曜の1コマだけで授業は終わり。

・・・なんだけど、成績付けが

英語     48人
児童英語関連 課題(ファイルもの) 38人
児童英語関連 レポート       46人(涙)

ううううううう・・・

それをしつつ、additionalなお仕事の宿題が毎週出て
そして、来週は5コマ出授業(一緒に行ってくれる学生が見つかったので、私は授業観察できるぞい!)



仕事もとっても大切だけれど
とにかく博論にかからねば、なので、予定表に書き入れることにした。
今週は週末2日とも終日仕事は入ってないので、
1日はで授業のプラニングに
もう1日は博論にかかろうと思っている。


正直、しんどい・・・
頭痛い。
ご飯食べながら仕事してる。
健康を損ないそうw

 

博論をがんばる

昨日朝、

旦那に言われました。

とにかく、必要ないものは全部キレ!

土日に出かけるのもやめたら?

土日しか博論かけないだろ、って。


そして・・・

A活もやめよ

と。

そんなことしたら私しんぢゃうw

と言ったら

「しなへんわい!」

っていわれちゃいました。

そうなんだけどさーーー。

なので、

「コンサートだけは行かせて」

(ん?そういう問題ではないんだけど・・・)

でも、仕事だからと言って土日を出かけまくっていたら

本当に時間がないのは事実なので

学会で遠出するとき以外は

土日のうち1日は勉強日と決める、としました。

その初日が本日。


今日は、Literature reviewをして(以前のトピックに戻ったので、かつて書いていたものを整理)

一本論文を読んで頭の中を整理。

論文をすべてiPadに入れて、いつでも見れるようにしとかなきゃだめだなー。

今は職場と自宅に分けて文献が置かれているから・・・



これから書き起こしデータをちょっと分析します。

今週、職場では試験もしなければならず、まだ完成していない。

試験日に最終アンケートに回答もしてもらわないといけないので

アンケート作りもしなきゃ(頭の中にはあっても活字になっていない)

ではでは!

Defense

TESOL同期のYさんのDefenseが本日あり、Congrats!でした。

英語ぺらぺらだけど、とてもわかりやすい、語り口がうらやましいと思いました。

彼女はMのときから(英語力のみならず)Presentationが上手。



内容的には、自分の持っている英語のクラスでも参考になることだったので興味深く聞けました。

手法としてTwo phase dimension approachというのを(Creswellの本は教員室においてあるな)聞いた。

Triangulationとは違うんだな…



データをある程度そろえたので、分析と再Lit. Reviewやらなきゃね。

やっぱりなー

みごとに、TESOLとAAAL 両方不採択だったのだけど

(ま、もっと恥ずかしい不採択もあったけど)

TESOLのほうは、不採択理由も書かれていて

トピックはいいんだけど、云々

もうちょっと頑張ればいけたか?って感じがした。

それに、なぜか、エクセルで採択不採択の表が見れるようになっていて

あながち、「今回の採択率は○○%で」というのはうそじゃないのだなと感じたわけ。

(わたしにしてはポジティブな受け止め方)

AAALのほうはFB(Facebookやないで)なしでわからないけれど、


いろいろ考えるに

やっぱ、ちゃんとした研究者は

採択率が何パーセントであろうと通っているってこと。


This means ... 私はヘボだってこっちゃ。
 



と思ったらめっちゃ落ち込むのだが、

落ち込んでても何も得るものないので



今度は頑張りまっしょい、ってこっちゃな。



ここは、決意表明をする場所なのか?!

ま、いいや、

何回も言い聞かせないと、すぐ、逃げに走っちゃう。

書くって決めたので

サー書くぞーーー、

で、

博士論文

というフォルダをしげしげと見ていたら

5ページくらいの書きかけが出てきた。

ちょっとだけ、かなしかった。

タイトル、今と違うんだよな・・・



なんか、ぐるぐる回って(きっと私が悪いんだけど)

D1の時に戻っている orz



まぁ、振り返らず、とにかく、がんばる。




在籍大学に

今日は、青山での仕事の後、在籍しているS大へ行きました。

目的は、読んでいた文献に引用されていた文献探し。

S大はそれはそれは文献探しのしやすいところで

電子文献もたくさん登録されているし

書籍自体も応用言語系たーーーーーくさんあります。



ざっくざっく、見つけられて幸せ気分で帰ってきました。

言研には、PCの数がうんと増えたし、

大きなスキャナーもあるし、

昔は用紙は自分持ちだったのに

今はプリントもA4ならいくらでもできるし、

あー、フルタイムで働いていなければ

(もしくは普通の教員のように週2回、自由な日があれば)

言研で集中して作業できるのになって

ま、それは言い訳です。



2月は言研に頑張って通おうかな。

がんばる!

がんばる!がんばる!

と自分を鼓舞。

半分、覚悟はしていたけれど、半分は大丈夫かな、って思っていたので

落ち込むことこのうえなしだった一昨日。

でも、これをばねにしなきゃ前に進めない。

それから、

とにかく、博論、書く。

一日一行でも書く。



共著は来春(6月ぐらいかな)で、一本出ますが、

とにかく単著で一本、査読付きで通らないと私満期退学できませんの。

(これ、来年度いっぱいにも通らなかったらどうなるんだ?単なる退学?)








あ、そうだ、こっちはあまりにタイトルと内容が違い過ぎてきた

そんな罪悪感にさいなまれたため、

もともとのお勉強ブログに軌道修正。

趣味活動・食べ歩き等々は

http://dolceserena.blogspot.com/

にて、書かせていただきます(まだ、1個しか書いてないけどね)。

というわけで

こっちは本来のお勉強・それに関連している仕事ブログにします。

だめだこりゃ

ほんとに、

研究者として、無能だわ


研究者としていただけないってことは、大学で働く資格なしだしな・・・



じゃ、何だったら有能なのかしら?

指導者としては有能だったのかしら?

よく、「天職よね」って言われたけれど(子供を教えていた時)

本当にそんなにうまく教えていたのだろうか…

某区で小学校の英語アドバイザーを募集しているって。

私はそういう仕事のほうがあっているのかもなー、って思うと心がそよぐ。


でも、それを今に時点で申し込むっていうのも(年が年だから通るとも限らないけれど)

どうなんだろう・・・


科研だってあるし。




ほんと、今日は(というかここのところ)いいことなし。

もう二度と、「不採用」なんて字は見たくない。





有能感なくして、内発的動機は続かない? 育たない? とな。



プロフィール

serenabaglioni

Author:serenabaglioni
博士後期課程(応用言語学)在籍中。
もうすぐD3おわっちゃうのに、何もできてなくてやばい。
いい年してARASHIラブ(元々ジャニオタ)
   →「趣味の世界」へ
2010年4月から某所で働きます。

人間が好きになる名言集


presented by 地球の名言

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。