スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

LET報告(Super長文)

とうとう、主査先生からメールをいただき、慌てふためいておりますが
忘れてしまいそうなのでやっぱり今のうちにご報告。

----------------------------------------

途中まで書いて、仕事に入り、夜中までYさんと仕事話をしていたら(ただいま、我が家に逗留中)1時になり、お風呂に入って続きを書こうとしたらFC2つながらねーーー。
てことで翌日持ち越しになってしまいました。(つながらねーーー、と思ってやむなく(?)ドラクエしてたら3時になってしまった罠。おまけに2回もボスに負けたし。よって一昨日の地震は生涯初めてトイレに逃げ込むほど怖かったが、今回の地震は爆睡して気付かずでした)

--------------------------------------------


8月4日  不参加

8月5日
基調講演
「Cognitive and linguistic consequences of bilingualism across the lifespan」Ellen Bialystok


研究発表・実践報告
とにかく、横並びに10会場とかあるので、一応、内容別に部屋を分けてあるものの、聞きたいものが聞けないとかいうことが続出。

1「インターラクティブ・リーディングが日本人EFL学習者の読解能力におぼよす影響:内容スキーマと形式スキーマを豊かにして」
300→500 wordsの医療(看護)系文
Experimental Gは形式スキーマてだてのあと、ネットなどで内容を調べる。
Control Gは形式スキーマのみ。
結果、内容スキーマを使った方がポストテストで読解力が上がった。
・・・要するに、文法、単語の意味がわかっただけでは読解はできない、ということがいいたいのかな。


2「ジェスチャーを利用した英語語彙指導の効果:日本人初級英語学習者の場合」
ASLをもとにしてgesture
ミラーニューロン
↑これだけしかメモしていない・・・。よってミラーニューロンのことはよくわかりません。
発表内容は、動作動詞6つをASL(American Sign Language)を基にしたジェスチャ付きで導入したところ、フラッシュカード(だったかな)だけで導入した場合よりも、そのコアミーニングが身についた、ということのようです。発表者はもともと、コアミーニングに関心があり、研究していたとのこと。
で、コアミーニングに興味を抱いた理由に私は驚いてしまったのですが・・・それは諸事情により割愛。


3-5「新たに始まる小学校英語教育への提言」シンポジウム形式なので3コマ分
4人の方がそれぞれに提言。
英語ノートの内容では、5,6年生の発達段階にあっていない活動が多々見られるので、こういう活動はどうでしょう?というその内容がちょっと・・・Audienceからも結構「おい、おい」な空気が。
Podcastを使った電子教材で担任の負担を減らそう、という試みは示唆に富んでいると思う。
(作ったものを共有できるという意味で)
アメリカのTESOLにいらしたらしい方の発表ではLearning centerの活用を提言。私は大学のLearning Center(いろいろなサポートをしてくれる)ものをイメージしていたけれど、そうではなく、能力・学習スタイルの違う児童のサポートとして、教材教具を作るイメージ。
紹介してくださったボードが(文字では伝えにくいが)私は知らなかったものなので、面白かった。英語活動に使うのは難しい(英語ルームがあればできそう)が、

目標言語で書かれた絵本からCriteriaに沿って、またMIを考えたマッピングをして学習内容を広げる。

という部分がとても勉強になりました。
最後の発表者はTeachers' beliefsについてでしたが時間がなくてさらりとお話しされて終了。


8月6日
1「全学共通科目『英語』の授業実践-TOEICを中心とした3年間の取り組みとその功罪」
Longman TOEIC introductory/intermediate、およびWordmaster(成美堂)を使用
目標は英文科が650、他学科は500。
報奨金を出すなど学校・PTAがこういう取り組みをしています、という外側の報告が多くて、学生がどのように取り組んでいるのかが非常に不鮮明だった・・・

2「英語の歌の学習効果を児童の音声近く文節単位で探る」

小学校の児童
「英語の歌を学習する群」と「英単語を学習する群」で音節のとらえ方に違いがあるかを分析。
結果、歌を学習する群は大幅にポイントアップ。(英単語を学習する群も若干数値は上がったが、1人だけが大幅増加したため、平均を上げてしまった→てことは個人差-aptitude-もあるってことか)

音節をきちんととらえられると、綴りが正確に書けるようになるのかしら?
とふと思った。もしそうだとしたら自分のTeachingで使えそうなので、これもありがたい発表でした。



3「大学生の英語学習動機に影響を与える教員の行動」
動機を上げる・下げる教員の行動を自由記述してもらったものをKJ法と記述統計で分析。

あげる ・教室運営  机間巡視
             授業妨害に対応
             定刻開始
     ・授業スタイル/技術 詳細な説明
                  板書がきれい
                  声の大きさ・トーン
     ・教員の性格 明るい
              熱意
              フレンドリー

下げる ・教室運営  注意を怠る
             定刻に開始しない
 
     ・授業スタイル/技術 スピードの調整・レベルの設定ミス
                  Teacher-centered
                  板書がわかりにくい
     ・教員の性格 やる気がない
              感情を表に出す

あくまでも学生の意見であって、教員はこうあるべき、という提言ではない。
スピードの調整・レベルの設定ミスと答えた学生はQuite highまたはLow Studentsだった。

Audienceから分析方法についてのSuggestion。
KJ法やGTA法はコピーライトが付いているような捉えられ方をしており、ワークショップに参加した者のみ使用可であったりするため、問題がある。今回の分析も正確には「KJ法の○○ページに書かれている分析を一部利用して分析した」などとはっきり表すべきである、と。
Novice researcherのserenaには大変勉強になりました。


4「Graded Readersを活用した英語多聴授業の試み」
脳科学的、認知的、メタ認知的・・・などなどとても細かく説明があって勉強になったが、research resultsが学生の自己申告(語彙力文法力が上がったか、など)=Feelingsだったのがちょっと残念・・・。
多聴には
・聞いてからよむ
・よんでから聞く
・聞きながら読む
がある。

Audienceから「聞きながら読むのが一番効果があるように思う」という意見あり。


5「電子辞書使用の方略指導」
プレゼンターの方(女性)その筋では有名らしいのですが、楽しそうに発表なさるので面白かった。
彼女の研究のきっかけは「辞書を電子化したことによって何が変わるのか」と思ったこと。
前回の発表は「暗示的に」辞書使用方略を教えたところ、全然活用されなかった、ということ。
今回の発表は「明示的に」おしえたらどうなるの?で、結果は「やっぱり方略を使わない子が多い」
彼女のコアは「電子辞書を有効に活用すればPaperのいい点もとりこめるよ」ってことだと思うのですが、いまだに「電子辞書禁止」という高校もあちこちにあるようで・・・

私も電子辞書を上手に使うのがよい派。





午後は移動するのが面倒になって同じ部屋で小学校英語についてのプレゼンを聞いた。この裏で2つの小学校英語関連のシンポジウムがあって悩んだけれど・・・

1「小学校英語における文字導入のすすめ」
英語教室での試みを小学校英語でも生かせるのでは?といった提言。
特に目新しいことなし

2「小学校英語活動における情意的要因についての研究-エスノグラフィックアプローチを用いて-」
箕浦先生の本が参考文献になっている。
今回はフィールドワーク部分の発表。分析はGTA。
FLCAS(Foreign language classroom anxiety scale)など知ることができてラッキー。

3「小学校における『英語ノート』活用への提案」
3つの研究(それもすでに別のところで発表したものを含めて)をいっぺんに発表なさったので(そうしないと話の筋がわからないってことなのでしょうが)なんだかよくわかりませんでした。

唯一覚えているのは「動詞フレーズ」についての研究
I need an umbrella.の意味を最初は「傘が」はあっているけれど動詞の意味が取れない。しかし、その後のてだてにより、動詞の意味がわかってくる、というもの。・・・がその「てだて」がクリアじゃなかった。(電子教材を作っていらっしゃるようです)




基調講演3「第二言語獲得の脳科学」酒井邦嘉


-------------------------------------------

うう、つかれた。
基調講演部分は省略。
スポンサーサイト

Comment

No title

噛み砕いて・・噛み砕いて・・「いまの児童英語教育の世界ねえ・・・」という話を聞きたいけれど、ワ-クショップ開きたいけれど・・・参加者ここだと、一人しかいないんだろうなあ・・・。
こんな「学者」さんが、ここにいるのに、「有用」に使えないとは・・もったいないなあ・・・。
きのう、市の人ともちょっと話したけれど・・・市とか某大学とか・・縁というコミュニケ-ションだからなあ・・・。
もったいないなあ・・。かっこいいなあ・・おもしろいなあ・・実だくさんただ・・

Re: No title

> きのう、市の人ともちょっと話したけれど・・・市とか某大学とか・・縁というコミュニケ-ションだからなあ・・・。

そう言ってくれてありがとう。
そうなのよ、私はコミュニケーションが苦手だから・・・なかなか縁ができないわねe-263
それに私は実力も・・・むにゃむにゃ・・・

来週末、U大で例のセミナーあるけどいく~?

No title

今週末じゃなかったんだねえ・・来週末か・・・・いや、22日は1日補習だから、無理だ。23日もあるの?
・・・ってちと、バタバタがおわったら、メ-ルします。

miekoさん

お忙しそうね。
20~23日の4日連続のようですよ。
でもあらかじめ参加表明してほしいみたいです。

じゃ、金曜日、遊びにだけ行こうかな?仕事ありだっけ?
Secre

プロフィール

serenabaglioni

Author:serenabaglioni
博士後期課程(応用言語学)在籍中。
もうすぐD3おわっちゃうのに、何もできてなくてやばい。
いい年してARASHIラブ(元々ジャニオタ)
   →「趣味の世界」へ
2010年4月から某所で働きます。

人間が好きになる名言集


presented by 地球の名言

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。