スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

学会総括

さて、まぁ、観光ばっかりしていたような旅報告でしたが(なんといってもイギリスは26年ぶり、飛行機に乗ったのは8年半ぶりですから)、ちゃんと学会の報告もしなければね。
参加者は1800人とこじんまりとした学会。
ほとんどYLばっかりみてまわったせいかWorkshopや実践報告が多く、Academic researchが少なかった。

EFLの人が大半なので共感するところは多かった。
British councilの人たちが沢山発表していたけれど、世界各地に散らばって各国でのTEYLにかかわっているようだった。
activityのtipsを探しに来ている人も多いような感じがした。
参加者同士の「共感」度はかなり高く、私は参加したことに満足しているけれど、
よりacademicな学会を求めるなら別のものかなぁ、というのが正直なところ。


覚書
4月1日

Raising awareness of equality and diversity inTEYLs
いきなりEO&Dについてはなしあいましょう!とか言われてEO&Dってなに?な私でした。。。
その後、グループディスカッションでいくつかの教材について使い方などを話し合う、というWorkshop。

Comics as frames of references: from reading to writing
インドのある学校で行われているcomicsを使ったreading&writingについての報告。

Training trainers of teachers for primary innovations project in Thailand.
1999年にEducation Reform Actがだされて、1年から12年まで英語を導入。
タイも小学校は担任教諭が他の教科と同様英語も教えることになって、そのためのトレーナー育成の報告。

Exploring content-rich material for CLIL and non-CLIL contexts
マクミランのオンライン教材の宣伝でしたな・・・

The application fo CLIL in a Japanese primary school context
これは横浜市の某私立小学校で行われているcross-curriculumな授業の実践報告。

このようにCLILは結構耳にしてきました。
しかし、CLILとcontent-basedは何が違うのか?(content-basedはより言語学習寄りでCLILのほうは言語への焦点よりもむしろcontent自体に重きを置いているのだという方もいらっしゃいましたが????)

Assessing Japanese elementary school learners' reading ability
友人の発表です。
よかったよ~。もっとたくさんの人に聞いてほしい!日本でも。

Japanese students' self-reported error analysis on the TOEIC test
これも日本人の方の発表。
Academic researchとしてはちょっと物足りなかった。


4月2日
Food for thought
なんか・・・meditationみたいなワークショップで・・・途中退席。

Keeping your head in the clouds of language change
David Crystal。。。Wales大だったんだ。話はめちゃくちゃ面白かったけれど、中身は・・・むむむ。
Twitterの話をやたらしてたんだけど、私はそれが何なのかわからなくて話についていけず・・・今日やっとTwitterのことがわかった。

あれ?これだけだったのか?思い出せない(T0T)

4月3日

TEFL at elementary schools with a cognitive linguistic approach
関西の大学院生の方の発表
英語-日本語が一対一で意味対応していないことから体やパワポなど動的なものを使って前置詞を身に付けていこうというものでした。

Past lives and present views - EYL teachers and initial reading

Measuring language learner autonomy: a correlational study
日本人のかたのLAについての発表でしたが、「こういうフレームワークで、こういう研究をします」で終わってました・・・

The right reading level - young learners(5-12 years old)
お友達のmkさんの研究と共通点があり、わかりやすかったです。
公立ではreadingはできないので自宅教室のレッスンのヒントになったかなぁと。

スポンサーサイト

Comment

お帰りなさい~!

Serenaさん、とっても充実した旅だったようで、良かったですね!
今後もどんどん色々な学会にチャレンジしてみてください~!
AAALとAERAは、特にお勧めですよ☆

Re: お帰りなさい~!

S先生~、ただいまでございます~。
出発前はアドバイスも下さり、ありがとうございました。

> AAALとAERAは、特にお勧めですよ☆

はい!行ってみたいです。まずは論文書いてアブストラクト通らねば、、、ですね(^0^;。
Secre

プロフィール

serenabaglioni

Author:serenabaglioni
博士後期課程(応用言語学)在籍中。
もうすぐD3おわっちゃうのに、何もできてなくてやばい。
いい年してARASHIラブ(元々ジャニオタ)
   →「趣味の世界」へ
2010年4月から某所で働きます。

人間が好きになる名言集


presented by 地球の名言

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。