スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小学校英語に関するシンポ

S大で行われました。Benesseとの共催です。
アレン玉井光江先生のお話は素晴らしかったです。
以下、私のメモ。

-----------------------------------------------
新里さん・・・スキルは必要だ
菅さん・・・スキル「のみ」の向上を目指すものではない
           →言い換えればスキルを教えてもよい?!

Latin Communicatus = Share
意味を共有する
発信するだけがコミュニケーションではない

現在行われている英語活動
発信ばかりを追い求めている授業が多い
細切れの言葉をinputしてoutputさせようとしている
Productionのためのinput
たとえば「買い物」たしかに楽しそうだけれど。。。それだけでいいの?

「貯めていく英語活動が必要なのでは?」
★言語を習得するのはmeaningful contextにおいてのみ
★豊かな文脈の中で子供たちが身体や五感を十分に使って言葉に触れることが大切
★はじめから、部分ではなく全体を与える

例1)3年 虫の授業
1)warm-up 天気・日付など・・・Routine化したものはどんどん言わせてよい
2)うた London bridge(虫とLondon bridgeとの関係は????)
3)Story telling ALTが昆虫採集の思い出を話す
簡素化しているが崩れていない文を与える
4)虫探し T)It’s white. It flies. It likes flowers.
S)Butterfly!
5)私は誰? Sが前に出てヘルメットをかぶりそこにカードを一枚はりつけてWho am I? 他の児童はヒントを与える。
6)アルファベットを書かせる
7)読み聞かせ
例2)5年 What did you do yesterday?(韓国)
教員は研修1100時間+カナダ研修を受けた人
1)Warm-up Singing. You tube.を使ってScriptを与え3回目には普通に今はやりの歌を歌える。
2)Storytelling
3)新出単語の説明
4)宿題
5)DVD(教科書)
6)目標言語の練習

メタ言語力をのばしてあげる
母語を活用する

-----------------------------------------------------------
リタラシー指導は絶対に必要。
というアレン先生のご提言に結構反論が出たんだけれど
私は先生に賛成!
前にも書いたけどIlliterateを作るような言語活動をしていいのか!
文字によるコミュニケーション・情報伝達がいかに多いかを考えよう!
英語嫌いを作る原因が読み書きなのだとしたら
嫌いにならないようにゆっくり坂を登るような指導体系を作ることこそ大切。

レセプションでも「私はそれでもとまりません!」と元気よくおっしゃっていました。
賛成です!ってすり寄りたかった(笑)けれど、やっととなりまでいけたと思ったら「帰らなきゃ」って帰ってしまわれました(涙)。

バトラー後藤裕子さんの基調講演も良かった。
その他の方々のご意見も興味深かった。

有意義な一日でした。



miyage長男からのお土産

rollcakeロールケーキ

スポンサーサイト

Comment

うんうん、どこの世界に
文字抜きで言語を教えるなんて、おバカなメソッドがまかり通るんでしょう?!
文字を持たず、口伝えに口承する言語か何かなら、いざ知らず・・・。
オーストラリアやニュージランドなど、小学校から日本語教育を取り入れている外国で、
「小学校教育では、児童の負担とならないよう、ひらがな・カタカナ・漢字を教えないで、日本語に慣れ、日本語を使った楽しさを知る」な~んて指導要領を出す国があるわけないじゃん!(爆)
言語を学ぶのにリタラシー指導を入れないなんて、バカにもほどがあると思います。
ctmの京先生もいつもそうおっしゃっています。
私も、実は、小学校でも文字をバンバン入れてますよ。
児童の負担になんかなりません。
みんな出来ますよ。
子どもをあなどっちゃいけませんよね。

すみません。
朝から噴火してしまいました~。
ゴメンネ(笑)

Helenさん

おはようございます(ってもうお昼なんですが)。
一緒に噴火しましょ~~(笑)。

Helenさんみたいに能力&ネームバリューがあるかたにどんどん大きな声で世の中に向かって言っていただきたいわ。私がここでほざいてもどうにもこうにもならないので。

断片的なメモを見てるだけでも、面白そうなシンポジウム!!
やはり、アレン先生、さすが!ですね。

ヤスヒコさん

こんばんは~。
もっと詳しくかけたらいいのですが、メモが精一杯でごめんなさい。
でも、アレン先生はとっても元気に「負けないわよ」オーラを出しておられました。

Secre

プロフィール

serenabaglioni

Author:serenabaglioni
博士後期課程(応用言語学)在籍中。
もうすぐD3おわっちゃうのに、何もできてなくてやばい。
いい年してARASHIラブ(元々ジャニオタ)
   →「趣味の世界」へ
2010年4月から某所で働きます。

人間が好きになる名言集


presented by 地球の名言

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。