スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

時間の使い方を考えなきゃ

もしかしたらご興味おありの方もいらっしゃるかもしれないので少し、小学校教員資格認定試験についてお話しましょう。

一次試験は(大卒者は一般教養免除のため)

教職教養と、9科目の中から6科目選択で、20問ずつのマークシート問題を解くことになります。
いつかお話ししましたように、教職教養は単独で6割、全科のほうは合計で6割取れていれば合格です。
私は去年、全科の方は7割以上取れていたものの、教職が5割しかとれずに玉砕しました。

二次試験は専門科目の論述試験および、音・体・図工の3教科のうち2教科選んで実技試験、さらに口述試験があります。
私は論述は家庭科で受けます。この家庭科。1次で最低の50%の出来でした(これでも主婦だ!(恥))私ですが・・・過去の合格率を見たら体育の次に合格率が異常に低い・・・20%ちょいです。5人に一人しか受からない・・・失敗だったかなあ。生活とかがよかったのかも・・・。ま、やむなし。
中高の家庭科の教科書は入手したので、あとは小学校の家庭科の本(できれば指導書も)を勤務校で見せてもらおう。それ以外にできることは指導要領&解説を読むこと。

実技については
音楽はピアノ両手伴奏で今年の課題曲『われは海の子』を歌います。
とにかく練習あるのみ。

図工は鉛筆淡彩画。透明水彩絵の具、ということで↓をネットにて購入。
デッサンの練習もさることながら透明水彩絵の具を私は使いこなせるのか?
どうしても無理そうだったら、不透明水彩絵の具でいくかもしれません。とにかくこれも練習あるのみ。



えのぐ

口述試験は就職の面接試験のようなものらしいです。
これに合格したらいよいよ3次試験に進めます。

仕事が小学校&自宅とダブルである&院生である・・・うえに受験勉強ということで
よほどうまく時間を使わないと到底無理ですよね(何をいまさら、ですが)ぇ。。。
まずはブログ書く時間を減らしましょう、ですが、うん、これからちょっと心を入れ替えます。

さて、今日はやっと10月の予定が決まったので生徒に出す3ヶ月予定表を作ってから寝ることにします。
スポンサーサイト

Comment

Secre

プロフィール

serenabaglioni

Author:serenabaglioni
博士後期課程(応用言語学)在籍中。
もうすぐD3おわっちゃうのに、何もできてなくてやばい。
いい年してARASHIラブ(元々ジャニオタ)
   →「趣味の世界」へ
2010年4月から某所で働きます。

人間が好きになる名言集


presented by 地球の名言

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。