スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

job seeking

勉強が全然はかどっていないにもかかわらず、次のことを考えている私。
夢は(准教授、教授といったポストにつこうなどという大それた考えはなく)大学で教員の卵に英語活動法を教えること。

自分の年齢等々を考えると、厳しいことはわかっています。
と、こんなニュースが。(ニュースはいずれ消えてしまうので引用もしておきます)

---
「末は博士も就職難」、修了者の25%が「浪人」

 大学院の博士課程を修了した若者たちの就職難が止まらない。

 特に苦労しているのが文系の人たちだ。大学教員は狭き門。民間の受け入れ先も少ない。そんな中、面接のコツを教えたり、就職先を紹介したりする企業も登場している。(社会部 竹井陽平)

 文部科学省の調査によると、昨年3月の博士課程修了者1万6801人のうち行き場のない人は4146人。実に25%が「浪人」を余儀なくされたのだ。しかも、この数字にアルバイトなどは含まれていない。

 「この先どうなるんだろう」。早稲田大学大学院博士課程に在籍中の牛山美穂さん(28)は不安になる。文化人類学専攻。論文が完成したら複数の大学に送り、助教など研究職を探すつもりだ。が、周囲には博士号を取っても給料の安い非常勤講師をかけもちしなければ生活できない人が多く、牛山さんは「どこでもいいから正規の仕事を」と焦りを隠さない。

 「高学歴ワーキングプア」(光文社新書)を著した水月(みづき)昭道さん(41)は「博士号を取っても、大学教員になれるのは数十人に一人」と語る。自身も博士。今は立命館大学の研究機関の研究員だが、2011年3月には任期が切れるため、また就職活動をしなければならない。「コンビニで働いている人もいる。今や大学院はフリーター生産工場だ」

---

私の場合は、非常勤の掛け持ち(いや、1コマで)で全然かまわないんです。
とにかく、「大学で教えた実績」がほしい・・・TAもしていない私は実績ゼロ。
そんな折、地元の複数の大学が教員募集していることを知る。
いずれも「共通英語」なので小英に関することではないのだけれど・・・
公募されているものは何十と応募しても全く引っかからないということが往々にしてある。
逆に言うと、とにかく応募してみることも大切?!

でもこんなこと主査先生に相談したら「まずは研究をしなさい・・・」って顰蹙を買いそう。
大体にして、研究業績がまだ3つないし・・・(修論と査読付Proceedingsの2件のみ。旦那はTo be publishedでもいいんやと言ってくれるけれど)




スポンサーサイト

Comment

Secre

プロフィール

serenabaglioni

Author:serenabaglioni
博士後期課程(応用言語学)在籍中。
もうすぐD3おわっちゃうのに、何もできてなくてやばい。
いい年してARASHIラブ(元々ジャニオタ)
   →「趣味の世界」へ
2010年4月から某所で働きます。

人間が好きになる名言集


presented by 地球の名言

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。