スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

つぶやき

先週の秋葉の事件には震撼しました。
私はその週末は関西にいたため、事件は旦那からのメールで知ったのですが、
先に事件を知っていたら卒倒していたかもしれません(--;

だって、我が家は揃いも揃ってアキバ好き。
週末の5割以上はアキバにいるような気がする・・・

あの事件は自分(もしくは身内)に降りかかってもおかしくないものだったのです。
今朝、テレビを見ていたら、新宿のバス放火事件の話をしていたので、
なんとなくWikiなどなどでここ20~30年におこった通り魔事件についての記事をいくつもみたのですが、ほとんどすべてにおいて、

自分は悪くない、悪いのは自分の環境、世の中
努力している自分はこんなにつらいのに、世の中は努力せずに楽しているやつらばかり

みたいな感情が根底にあるみたいで・・・

凶悪事件はおいといたとして、各コミュニティ(近所、仲間、学校などなど)におけるいざこざのほとんどは妬みから来るらしいとはよく聞きます。





例えばの話、勉強ができる人・・・何もしなくても勉強ができると思っている(周りの)人は多いようだ。
だけど・・・トップクラスにいる人達って、もしかしたらほんの一握りは本当になーんにも努力しなくてもできる人はいないわけではないかもしれないけれど、自分の経験上、ほとんどの子が相当の努力をしていると思う。

「持って生まれた能力+努力=結果」だとすると「持って生まれたもの」が少ない人はどうなるねん、って話にもなるんだろうけれど、逆に持って生まれた能力が高くても「努力できない性質の人」もどうやらいるようだ。
まぁ、足し算じゃなくてかけ算だ、ってことになるとまた話はややこしくなるのだが・・・

それに、当然向き不向きもある。

エジソンは「天才は99%の汗と1%のひらめきだ」といったとかいわなかったとか。これって努力が大切、と読まれがちだけど、実は汗だけじゃ天才はできないのさ、ってことだよね。
たとえば私(天才じゃないけど)、お花をやっていた時(2年くらいやったけど)、「こりゃあかんわ」と思った。どんなに努力しても私にはセンスがないとほかの人が生けたお花を見て思った。

ピアノもそうだ。私はだめだ!と小6の時に悟った。どんなに頑張ってもこれ以上指が動きません!それはのちに、さほどの練習もなくJoshがさらさらっと速いテンポの曲を弾いたときに-彼も天才には程遠いが私よりはずっとましだった-、「やっぱりな」と思った。私とこの子では持ってるものが違う、と。(あくまでも趣味のレベルの話であって、親ばかちゃんりん話ではないので誤解なきよう。私は趣味にできる程度までもピアノの能力がなかった。とほほ)
しかし、彼の図工の作品は立体的なものはまだましだったけど、平面の絵は「・・・」夏休みの宿題、親としてびっくりでしたわ。だからと言って私は子供に手を貸したりする人ではないんですけどね。


池袋ハンズ前の事件も、生い立ちを見ると気の毒だけど・・・
私が学生の時は親の仕送りなしで大学生活をしている子、何人もいたよ(女子でも)。



とりとめがないまま、書いてしまっているけれど、あと一言。
まぁ、いろんな親がいるので、確かに不幸な環境に置かれている子もいるだろう。
だけど、ほとんどの親にとって

子供は、人様を傷つけずに生きててくれるだけでありがたい。

うちの場合、まぁ、周りにとやかく言われる。
あなたのところはああだから、と必ず言われる。
そういう方は子供は親より長く生きてて当たり前と思ってる人なんだろう。

有名大学に入ることはおまけでしかないねんよ。
おまけもつけてくれるの、ありがとう・・・そういう感じ。
スポンサーサイト

Comment

Secre

プロフィール

serenabaglioni

Author:serenabaglioni
博士後期課程(応用言語学)在籍中。
もうすぐD3おわっちゃうのに、何もできてなくてやばい。
いい年してARASHIラブ(元々ジャニオタ)
   →「趣味の世界」へ
2010年4月から某所で働きます。

人間が好きになる名言集


presented by 地球の名言

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。