スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どうしても見る目が厳しくなってしまう

ものごとが自分の分野だとね・・・

今日のmicro teachingはよかったと思う。でも細かいところはどうしても「そこはそうじゃない」と思ってしまうわけで・・・でも、全体の「よかったね」と言う雰囲気を壊したくなかったので、黙っていた。

帰りに我慢できずにY子さんにそのことを伝えたらShareできるとよかったんじゃないかな、と言われて、それもそうだなぁと。自分が何かをする立場だったら「よかった」と言う言葉よりも「ここはこうした方がいいよ」といわれるほうが次に生かせるので正直言うとうれしかったりするのだ。もちろん、objectionばかりだとへこむけど。

そんなわけで自分の態度にも反省。
だって、その畑でずっとやってきた人間が「黙っている」こと自体が「なにをか言わん」だよね(汗)

でも全体としてはよかったし、inspireされるものもありました。七夕の笹と短冊はとってもよかったよね。7月頭のレッスンはこんな風にすればよかったなと後悔しました
スポンサーサイト

テーマ : 大学院生日記
ジャンル : 日記

Comment

Secre

プロフィール

serenabaglioni

Author:serenabaglioni
博士後期課程(応用言語学)在籍中。
もうすぐD3おわっちゃうのに、何もできてなくてやばい。
いい年してARASHIラブ(元々ジャニオタ)
   →「趣味の世界」へ
2010年4月から某所で働きます。

人間が好きになる名言集


presented by 地球の名言

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。