スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

な、なんだか・・・

さっき、深夜のニュースを見てたら【小学校英語を成功させるには】ということで米百俵の市の英語活動を写していました。ALTと指導員と担任、3人もいるのに。。。

Do you have book?
Do you have calendar?
Do you have sunglass?

Ohhhhhh, noooooooo! aはどこいった~?sunglassってどうよ~~?
授業の前には3人で必ず打ち合わせをするとか。なのになぜなぜなぜ?

だいたい、ALTはなんのためにいるのよ~~?直してよ~~。
article, singular-pluralはもっとも日本人が苦手とするところ、そういうところこそ、「体験的学習」を語るからには「自然に身につけたいところ」でしょ~~

がっくり。
そこで相方が一言。

「所詮、教育学。ゲンゴガクとは違うから【いかに教えやすいか】を第一に考える、その結果や」と。

そんなぁ(--;

私の英語も完璧にはほど遠い。だからこそ、扱うexpressionsには相当気をつけているつもり。相方の言葉を胸に、自分自身も「教えやすさ」に傾いていないか、気をつけないといけないと思った。
スポンサーサイト

Comment

Secre

プロフィール

serenabaglioni

Author:serenabaglioni
博士後期課程(応用言語学)在籍中。
もうすぐD3おわっちゃうのに、何もできてなくてやばい。
いい年してARASHIラブ(元々ジャニオタ)
   →「趣味の世界」へ
2010年4月から某所で働きます。

人間が好きになる名言集


presented by 地球の名言

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。