スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お別れ、子離れ

昨日は小6の最後の授業でした。
うち2名は昨日でお別れでした。
うち1名は続けることを希望してくださったのですが、
ひとりだけ私立で教科書も進度も違う・・・
ので、ごめんなさいと言わざるを得ませんでした。

帰りにお母さんがご挨拶にいらして、
子供が巣立つ時の不安を話されました。
まだ12歳でまだまだ家にいるのですけれど、
電車通学する=親離れの始まり
という心の揺れがでているとのことでした。


前にも書いたかもしれないけれど、
この地では大学に入る時点で家を出ていくのは
「あたりまえ」
だから心の準備は徐々にしていると思う。
(心の準備のみならず、お金の準備も。
このあたりじゃ、「東京だったら仕送り15万!」って言われてますよ。
二人とも東京、なんてお宅はどうしてるんだろうと人ごとながら心配
してしまいます。京都は住居費が安めなのでなんとかね・・・
地元の人は田圃や山を売ってるのかも?!そんな持ち物のない
よそ者はどうすりゃいいの?の世界です)

さて、心の準備ができる前にうちを出てしまった次男のときは
ほんとまいりましたよ~。
家事に育児に一生懸命でなかった私であんなだったから
一生懸命な人はどうなんだろう?
いや、一生懸命な人のほうが悔いもなく、「よくぞ育ちました」って
うまく子離れできるのかしら。などなど考えてます(おしえて!)


こないだ、

「よそのおうちはこれから子離れだけど、
いままでずっと子離れ(?)していた私は
これから子供の成長を楽しみ=生甲斐にしようかなっ」

って言ったら妙に受けたらしく、大笑い。
旦那は笑いながらも「やめとけ」っていったけど
意外にも次男は「いいけど」だってさ。

ま、たぶん、これからも自分のことで必死、な
予感大なんですが・・・


そういや、先日来た父母に「どんな気分?」って聞かれたんで、
「なによりもいままで生きてくれてることが嬉しい」
って言ったら
「私も、A(←次男)が大学に入るまで○○(←私)が生きてる
かいなと心配してたわ」
って母親に言われました(--;
んでもって父親が「○○は常に≪過労≫だから」ってフォローされる始末。

いくつになっても心配かけているのはこの私。
子離れできてないのはうちの両親?!
(この年になって進学祝いもらう私ですからね)

てか、100%子離れできる親などいませんって。
(そういう結論かいっ!)




スポンサーサイト

Comment

子どもの成長を楽しみに・・・できていいなあv-238
うちは子どもはとっくに親離れしている様子ですが、私はしてるようでしてない自己チュウだなとつくづく感じている今日この頃です。
因みに私の親も未だにしていません(キッパリ)

いいなあ

>意外にも次男は「いいけど」だってさ。

A君、本当にお母さん(Serenaさん)が大好きなんですねえ。いいなあ、こういうの。

イースさん

イースさんのご両親も!
でも、そうですよね~。いくつになっても子どもは子ども。

同性の子供はやっぱりいと思いますよ~。
いつか自分の気持ちを分かってくれるときが来る可能性が高いじゃないですか~。いいなぁ~

S先生~

>A君、本当にお母さん(Serenaさん)が大好きなんですねえ。

いや~、それはどうでしょう・・・(笑)。
東京へ来てはや2カ月近く。すでに「うざいんだけど」とか言われてますよ~e-263
Secre

プロフィール

serenabaglioni

Author:serenabaglioni
博士後期課程(応用言語学)在籍中。
もうすぐD3おわっちゃうのに、何もできてなくてやばい。
いい年してARASHIラブ(元々ジャニオタ)
   →「趣味の世界」へ
2010年4月から某所で働きます。

人間が好きになる名言集


presented by 地球の名言

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。