スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

俺らが生まれた時だ!

と言われたんです、生徒に。

「いつからやってるんですか」

って訊くから、まる14年だよ、っていったら。
たしかに彼らは中2だから14歳。

私がこの仕事を始めたときに生まれた子たちがこんなに大きく(例年になく今年の中2は結構大きい)なるんだ(@@)。
なんていうか、恐ろしくなってしまいました。
私、ちゃんとやってきたのかしら、この14年。
5年続けばいいよね、と言って始めたんですよ。
実際、フランチャイズは丸6年で辞めて独立。
そこからが・・・な、ながいっ。


いままでにも卒業生で英語関係の大学に進んだ子はいて、それはとってもありがたいんだけど、今度の新高3には私が独立して1年目の生徒(当時彼女たちは小3)がいて、うち一人はきっと「英語」に進むと思う。
こないだ、2級の面接の練習をした時に、結構しゃべれるので感動した。
たいていの場合、中高と塾クラスになって会話なんかしないから
面接の練習をすると「えっ」って言うほどしゃべれないんだけど

S大いきなよ~(否、きなよ、か)、って思うけど、それははなから「無理」と思っているらしく、希望大学の中に入っていない。
がんばってほしいなぁ。

子どもたちの人生の一部にかかわってるって・・・
責任重いね。
スポンサーサイト

Comment

こんにちは~!
ほんま、責任重いです~。
最初の生徒たち、大学生だもんね。。。

あたしもちゃんとできてるのか、めっちゃ
不安。。。

でも、忘れたことに卒業生がフラッとやって
きたり、街で偶然あったりして、がんばってる
様子なんか聞くと、超うれしくなります。

できること は小さいかもしれないけど、
なかなか最後までケアできないことも多い
けど、とにかく、「いい種」をまく努力は続けて
いきたいです。

私は教えながら自分が学んでいると言うようなレベルなので私こそ怖いです・・・

Kathyさん

最終的には入試の結果だったり英検だったりが目に見える「成果」なので、
ここでいい結果が出ないと「どよーーーーん」ですよね・・・

今年はどうなのかなぁ。
高校入試のほうはあまり心配していないのですが(本当に優秀な子が多いので)、大学入試のほうは本当にひやひやで。

いい種をまく、そうですね~。
最後まで見てあげられないこともあれば見させてもらえないこともある・・・ので、始まりが肝心と思うことが大切なのかな。

kewさん

私も生徒、児童から教えられること多いですよ、いまでもv-12

一生勉強ってことなんだなと思います。
Secre

プロフィール

serenabaglioni

Author:serenabaglioni
博士後期課程(応用言語学)在籍中。
もうすぐD3おわっちゃうのに、何もできてなくてやばい。
いい年してARASHIラブ(元々ジャニオタ)
   →「趣味の世界」へ
2010年4月から某所で働きます。

人間が好きになる名言集


presented by 地球の名言

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。