スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

心が痛む

某所での火災・・・関与の疑いのある男の子の通う高校はまさに次男が通っている高校です。

ニュースを見るたびに見覚えのある校舎が写り、時には最寄りの駅が写り、心が痛く、泣きそうです。


なにがあったのでしょう。
保護者会の直前のこと・・・保護者会に配られるのは中間テストの成績。。。高一はじめの中間テストは「かなり意味が」あると思う。中高一貫だけど編入で高校から入ってくる子が混じっての初めてのテスト。
全然関係ないとは思えないんだよね。編入の子にとっても内部の子にとっても試練の時。もっとも原因は全然違うのかもしれないけれど。


子どもにプレッシャをかけないように、と思っていても子どもはそう思ってない場合がある。たとえばうちなんか私もこの年で院なんかに行ってるものだから、田舎では珍しい高学歴家庭ってことになる。親がいくらプレッシャをかけないようにしても子ども達は当然プレッシャを感じてきたことでしょう。できて当たり前。できないはずがない。



私の受験は上の子の大学受験に重なっていた。内緒にしていたのだけれど、結局は旦那が言ってしまった。あとになって妹その他から「お母さんだけ受かってたら洒落にならんかったな」と言われた。

次男が今の高校に受かったとき、長男はしばしおかしかった。明らかに情緒が不安定だった。その兄が入った大学はまさしく次男が行きたい大学。兄が受かったことを次男は素直に喜んでいたけれど、心が不安定になっているのもわかった。


事件に戻ると・・・こんな結果になってしまって、生きているお父さんも子どももともにつらいだろうなと思うといたたまれない。どんな風に育ててもそれが正しかったかどうかは後にならないとわからない・・・


院のことしか書かないつもりだったけど、どこかにはき出さないとあまりにつらかったので、お目汚し失礼しました。

スポンサーサイト

Comment

プレッシャ

そうだったんですか・・・
つらい報道でしたね。
子どもが感じるプレッシャは、難しい問題ですよね。serenaさんが書いておられたように、兄弟間で感じるものもあれば、親が子の将来のために必要だと思ってする忠告がプレッシャになってしまうものもあるし・・・。
最近、下の子を見ながら、このことばかり考えています。親として、どうするべきなのか・・・難しくて、正直なところ、とても不安です。

これから

私立進学校、マスコミにとって格好の標的ですv-406。 自由すぎるくらいに自由で、がりがり詰め込み教育をしない、いい学校なのに。。。
学校の周りには報道陣がいっぱいらしくて、全く持って個人的なことなのに先生達も会見を開かざるを得なかったり大変らしいです。

男の子の方がプレッシャに弱いのかな?
お父さんともっとRelationshipがきちんとあったならこんなことにならなかったのではと思います。。。

マスコミって

そうですよね。有名進学校だとマスコミが飛びついてくるでしょうね・・・いやになりますね。
学校の生徒たちは、ただでさえ動揺しているというのに、マスコミにはそういう配慮が全然なくて、人の心の中に土足であがってくるようなところがあるんだから!
先生方もそうですが、子どもたちも気の毒ですね。
私も問題の根本は、家族関係にあると想像します・・・

想像を膨らませて

しまうのですが、男の子は家族の中の唯一の血縁であるお父さんに守ってほしかったのかなぁ、なんて。5人家族でそんな大きなおにいちゃんがいるなんて知らなかったと近所の人が言っていたというところからも4対1という構図が見えてきてね。ここで勝手な想像をしても意味がないことは重々承知だし、どんな理由であれ命を奪うことは絶対によくないのですが、かわいそうでね。。。

わが身に戻って子供に本当にプレッシャをかけていないか、考えるとちょっと怖いです。
Secre

プロフィール

serenabaglioni

Author:serenabaglioni
博士後期課程(応用言語学)在籍中。
もうすぐD3おわっちゃうのに、何もできてなくてやばい。
いい年してARASHIラブ(元々ジャニオタ)
   →「趣味の世界」へ
2010年4月から某所で働きます。

人間が好きになる名言集


presented by 地球の名言

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。