スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日常に引き戻された寂しさ

いつも土曜夜にに戻っているので、日曜に戻ってくるとまた新鮮。
だけど、遠ざかり感も激しくて、

「ああ、戻ってきて【しまった】」

と愕然ともする。

「戻ってきた

ではないところがミソ。いいところだけれど、私にとってはやっぱりよその地だし。なによりもこの地は私にとって特に今年からは「仕事場」でしかないから、この地に戻ると言うことは「仕事に戻る」ということを意味するのだもの。ある意味、憂鬱に決まっている。
まぁ、仕事あっての生活、だということは重々承知しているけれど。

大会2日目もいろいろ興味深かったが、悩みというか謎も深まる。

skill重視の授業からCommunication重視の授業へ。
contextのある授業。
inputだけじゃなくて、outputさせる場をもっともうけよ。
だけど、repeat after meは論外。
 *最後のことについてはもう、今更話題にもならない

いったいどうしろと?

帰ってきてまた、悲しいこと一つ。
また、が・・・もう、やだぁ・・・

スポンサーサイト

Comment

2日間ご苦労様でした!
私はまだ東京です 今日一日いろいろな人に会って今夜帰ります。
今回は私の修論一年目のアドバイザーと同行したこともあって、なんだかタイムスリップして院生当時に戻った気がします。幸運なことに彼らの発表のリハに同じホテルだったのでロビーでつき合わせていただき、昨日の発表よりさらに深く研究内容が知れたのも、本当にラッキーでした。私の発表は質疑応答がなんだかぐだぐだでしたが、
スタッフと生徒と環境に恵まれた私立小のメリットを最大限に利用したら、どこまで小学校英語が進められるのか、子供たちが伸びるのか、、それをちゃんとデータをもって示していくことが、ミッションかな、、、と思いました。
ゆっくりお話が出来なくて残念!
またフィードバックが頂戴できれば幸いです

Mauna Keaさん

お疲れ様でした。
映像は懐かしく、一方、たぶん初めてみる方には「全体としていかにすばらしい建屋か」ということがわからないようなアングルでしたね(^^)。スマートボード以外は普通の教室にも見えました。私は後ろの6Sをみて「おお、6年生の教室でやってるのか」って(^^;変なところに注目していましたが。

トイレに行ったら、「*ITS QA bankをもじって○○にしよう」って言ってる方がいらっしゃいましたよ。
私もやろうかな(笑)。とりあえず、自宅で。

懇親会では愚痴っぽくなってしまいましたが、お許しください。現場ではがんばるしかない、ので、ついつい・・・

私には学校と個人の二つの場があるので、どちらかで使えそうなtipsは相当いただいていると感じています。あの場にもそういう方も結構いたと思います(どこかでみたけど、誰だっけ~?という方も何人もいらっしゃいました)。

他の現場、というのはなかなかみることができないので、ああいう機会があるといいですよね。
意識調査には私自身あまり興味はないのですが、TYKテストには興味津々でした。ペアのSpeakingテストなら授業中に「(ALTとの)発表」という形ででもできなくはないなと思った次第です。
Secre

プロフィール

serenabaglioni

Author:serenabaglioni
博士後期課程(応用言語学)在籍中。
もうすぐD3おわっちゃうのに、何もできてなくてやばい。
いい年してARASHIラブ(元々ジャニオタ)
   →「趣味の世界」へ
2010年4月から某所で働きます。

人間が好きになる名言集


presented by 地球の名言

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。