スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仕事関連

2月にワークショップします。
いろんな意味でドキドキするw

自分のワークショップの準備ゼロ。やばい。

----------------------------------

*Writingさせて、それをもとにプレゼンをすることが目的の
昨日の英語のクラスで、First Draftを返却したんだけど(満点9点)

A  英語完璧(100%誰かにチェックしてもらっている)     7点
B  英語の小さいミスはあちこちあるけど、意味不明な文はほぼなし  9点

A「これって英文のミスは関係ないんですか?」

私「Errorはカウントしていません。
  意味不明な文が多すぎる場合は減点していますが。
  あなたの場合、BodyのみでIntroとClosing部分がないのでそれぞれ1点減点です」

C「(Aに)先生言ってたよ、初稿だから文法ミスとかあっても大丈夫って」
(うーん、私が言ったのはそういうことではなかったんだけど・・・ま、いいや)

A、苦笑。

Errorをいちいちカウントすると、リスク回避のために量を書こうとしなくなる。
(理論的に)
誰かにチェックしてもらうのは構わないし、その意欲は買うけれど
全部を完全に修正されている感があふれ出ていて、自分の言葉で書かれているところがゼロ。
勤務先にはWriting centerがあってそこでもみてもらえるのだけれど、システム上、「Assignmentの文全部を手直しするのはだめ」ということになっているはずなんだけどなぁ・・・

あと、Aにはオーディエンスが見えてない。
美しく書き直されたその文章をもとにプレゼンをして、
自分と同じくらいの英語力なクラスメートたちに伝わるのか?という視点がない。
(初稿返しの際に、難しい単語は言い換えして、ってコメントしといたけど)


スポンサーサイト

Comment

Secre

プロフィール

serenabaglioni

Author:serenabaglioni
博士後期課程(応用言語学)在籍中。
もうすぐD3おわっちゃうのに、何もできてなくてやばい。
いい年してARASHIラブ(元々ジャニオタ)
   →「趣味の世界」へ
2010年4月から某所で働きます。

人間が好きになる名言集


presented by 地球の名言

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。