スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

備忘録

単に自分のためのものです。
お目汚し失礼


*絵本
今までにMP*他で取り扱われていない絵本をベースに何回かの授業を組もうとしてみたけど(自分の持っている授業用に)、これっていうものがなかなか見つからない。
結構、むずかしい。
読み聞かせ=単発で、というのならいい本っていっぱいあるのに。
繰り返しが多く、Formに気付いてもらえて、子どもの生活場面のどこかで使えそうな表現が入っていて
何回読んでも心地よいもの。Story性があるもの。
量が適切であるもの。
最後にびっくりなどがあるのは2回目よむと楽しさが半減するのでのぞく。
なるべくAuthenticなものがいいかなと思うけれど、Graded leadersのように(あと、内容はともかく、Apri*otとか)学習用に作られたものの方が料理はしやすいような気もする。


*内容重視教授
想像以上に言語面で学習者に落ちる(一言で言うとIntakeする)ものが少ない。
内容だけが強烈に残ってしまっているような気がする。
Content-basedは私にとっても理想であるはずなのだけれど
理想と現実のGapは大きいと感じる今日この頃。

*Form-focused
某所で勉強させていただいている派は基本がOral introductionにあり、Form-focusedだと思う。
クラシェンとパーマーを足した感じ?!
それに魅力も感じるし、理解もしていると思うけれど、
何かが足りない。
Then how?の答えが私にはない。



わたし、メタ派閥・・・
100%これが正しい!と突き進んでいけない、わき見体質。


もっと考えたい。




スポンサーサイト

Comment

No title

ご無沙汰です。
最近そういえば絵本を読む会というのをやっているんですが、自動英語の場合絵本とかってどういう風に使っているんですか? 今日図書館の人に聞かれたもので。

Re: Daisukeさん

> ご無沙汰です。

こちらこそご無沙汰しております。

> 最近そういえば絵本を読む会というのをやっているんですが、

そのようですね~。つぶやき読ませていただいています。

>児童英語の場合絵本とかってどういう風に使っているんですか? 今日図書館の人に聞かれたもので。

どういう風に、に対してどういう風に答えていいのかよくわからないんですが・・・

○教材として、絵本を「読む」以外に、そこに出てくる語彙・表現を使ってアクティビティをしたりして、1回読むだけでなく、絵本を中心に授業をする

○理科・社会などに関連する教具用絵本もあるので、それを用いてContent-basedな授業をしている方もいる

○あくまでも読み聞かせとして、毎回、違う本を読む

○「読む」という活動を「読み聞かせ」「Shared-reading」(Joint readingと言ってる人もいるかな)「Retell]のようにいろんな手法でやる

○Graded Readerなどを使って、Extensive reading。わからない部分は飛ばす。

などなどありますよ。

No title

なるほど、いろいろあるんですね。
僕は最後のextensive readingしかやってなかったので、こうして整理されるとなるほどなあという感じです。絵本とかの使い方を説明したような本ってあるんでしょうか?

Re: No title

Secre

プロフィール

serenabaglioni

Author:serenabaglioni
博士後期課程(応用言語学)在籍中。
もうすぐD3おわっちゃうのに、何もできてなくてやばい。
いい年してARASHIラブ(元々ジャニオタ)
   →「趣味の世界」へ
2010年4月から某所で働きます。

人間が好きになる名言集


presented by 地球の名言

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。