スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

帰宅

さっきのぼやき記事は見えないように隠しましたw


大学の先生ってある意味大変だ。
全員に当てはまるわけではないんだけれど、
児童英語にかかわっている人は特に
”変なところ”で結構大変かも・・・

知名度が
なぜだかその人の業績を表しているような
そんなちょっと変な世界。

「売り」がないとなんかワンランクダウンみたいな。

うちの大学でも、
「売り」になる知名度のある人に来てほしかったんだと思う。
ご期待に添えるように知名度あげられたらいいんだけれど
そうは問屋がおろさない。

この世界(児童英語)は独特で

大学教員になるまでにどれだけ知名度が上がってるか

が重要。


その意味ではHちゃんは有望だよ!(^^)
だからなのかもよ!(二人にしか分からない一言)


身の程知らずな私は(笑!)
自分がもし都会で小学校英語にかかわっていたなら
今とちょっとは違う道を歩んでいたかもなんて
”たられば”さんになることがある。
無名街道ひた走っている今を憂いているww

これでもかの地域では結構有名だったんだけど((笑))
(ローカルすぎるっ)

ま、そんなこと考えてもどうにもならないので
今を頑張るだけなのさ~。

もっと、足元見て一歩ずつ頑張れ、あたし。
まずやることがあるだろーーーっ。

はい、その通りです。
スポンサーサイト

Comment

Secre

プロフィール

serenabaglioni

Author:serenabaglioni
博士後期課程(応用言語学)在籍中。
もうすぐD3おわっちゃうのに、何もできてなくてやばい。
いい年してARASHIラブ(元々ジャニオタ)
   →「趣味の世界」へ
2010年4月から某所で働きます。

人間が好きになる名言集


presented by 地球の名言

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。