スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仙台(仕事目線)

この学会、何が目的って、


Sinclair


だったんです。初日、午前のPlenaryはパスして(失礼)、午後イチで現地到着したのです。
その前におかしいと思ったんだよね~、なんでLearner autonomyなんだろう?って。
現地について、「あ!」と思った。別人だ・・・

ま、話面白かったし、わかりやすかったので、結果オーライだったんだけど。
イニシャルに気を払ってなかったんだよね~。
ほんと、大ボケだ。

とりあえず、ほかに2名のPlenary speakersも話を聞きたい方々だったので、来た意味はあるのですが。

大ボケはさらに続き、B. Sinclairさんの後の研究発表、教室403と確認して入ったのに、ハンドアウトを渡された時点で

「ん?なんで?」

もう、出るに出られない位置に座っていたので、そのまま着席。
終わって外に出たら 埋め込まれている教室番号のうえに張り紙があって「406」って書いてあった。
なんで・・・


さて、フットワークが軽い(軽すぎる、ともいわれてます)私をして、

「あ、ここでもお会いしましたね!」

なのが京都のI先生。
まさかここでお会いするとは思っていなかったのでびっくり~~。
それも前日は名古屋でお仕事だったとか。
いやはや、なんてタフな方なのでしょう。
そして、Research interestsも多岐にわたってらっしゃる。

で、今日はいくつかのセッションをご一緒させていただいたわけですが、二人して「なんだかなぁ」という気持ちになるものがあり、「人のふり見てわがふり直せよね」と自戒しました。

それは数値の出し方だったり、Termの扱いだったり、比較の対象だったり。
それぞれにそのご専門の方がばっちり指摘なさっていましたが、発表者のお答えはどれも的が外れて(質問の意図を理化していないと思われる)いました・・・質問者の方々が「はい、はい、わかってないのね」って感じで引き下がられるのが印象的でした。そして、同じように「へ?」と思いながらも自分の知識不足なのかしら?と質問すらできないヘタレな自分にもどよよーーーーん。


そして今日は二人の方から「で、なんの研究をしてるの?」と尋ねられて、自信を持って「これです!」って言えない私。駄目駄目やな。

あ、今日の最後から3つ目のセッションはなかなか素晴らしかった。
多分、この先生の発表を私は2年前に早稲田で聞いたような気がする。その時も「すごいな」と思った記憶が。
研究、というよりは実践報告に近いような気がするけれど、
学生の教育に対する情熱を感じるし
教育のために研究しているという姿勢を感じるし、
理論を実践に生かしているのも感じる。

すごいな~~ほんとに
スポンサーサイト

Comment

こちらは、真面目モードで

あっち(趣味話)は、
オタク満載でコメントさせていただいたので、
こっちは、真面目モードで・・・(^^ゞ

I先生、
仙台にも出没されてましたか?!
serenaさんも神出鬼没ですが、I先生も、すごいネ。
鬼没コンビだわ。

「学生の教育に対する情熱を感じるし、
教育のために研究しているという姿勢を感じるし、
理論を実践に生かしているのも感じる」

これだよね~。
現場の人間からすると、
しばしば学会の発表に、
「ベクトルが逆向きじゃない???」
「研究のための教育じゃないんですけど・・・」
「児童はモルモットじゃないし・・・」
って思う時があるもの。

serenaさんが極めたい研究って、何かな~?
じっくり考えて♪

Re: Helenさん(真面目モード)

I先生、さらには本当にいろいろなことをよくご存じで
それは大学院の先生もしてらっしゃる方ならある意味あたりまえなのだ、ということを昨日思い知りました。

> しばしば学会の発表に、
> 「ベクトルが逆向きじゃない???」
> 「研究のための教育じゃないんですけど・・・」
> 「児童はモルモットじゃないし・・・」
> って思う時があるもの。

うん、だから私も、実験よりも実際の授業観察から(できれば「よい」と思われる授業から)見えるものを分析して次代に伝えられるような研究をしたいと思っています。
ただ、なにをもって「よい」とするのかが難しくて、テストに頼らざるを得ない場合が(特に、中・高)あるんだよね~。
あと、昨日、I先生もおっしゃってらしたけれど、授業観察から見える記述の研究ってGeneralizeできないので研究として認めてもらえないことがいまだ多いと・・・。


> serenaさんが極めたい研究って、何かな~?
> じっくり考えて♪

ありがとう!こんな感じのものを、というのをいま、作成中なのでもうすこし依頼書待ってねe-466
Secre

プロフィール

serenabaglioni

Author:serenabaglioni
博士後期課程(応用言語学)在籍中。
もうすぐD3おわっちゃうのに、何もできてなくてやばい。
いい年してARASHIラブ(元々ジャニオタ)
   →「趣味の世界」へ
2010年4月から某所で働きます。

人間が好きになる名言集


presented by 地球の名言

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。