スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

心の準備はできていたけれど

初七日の法要まで済ませて帰ってきました。
さすがに疲れた。
けれど行けてよかった。


叔母にもずいぶん会っていなかったみたいで・・・おばあちゃんと同じくらい叔母にもお世話になってきているのに、本当に申し訳ない。

帰りは妹家族とともに、席を向き合わせて「旅行気分」。




ところで、今回、私は喪服を持っていませんでした。
ひょんなことから、祖母があまり調子がよくないことは聞いていたし、かなりの高齢だったこともあって、恐らく心の準備はできていたのだけれど、物理的準備ゼロでした。

喪服なし
数珠なし
学割なし?!


それをわざわざ持ってくるのは縁起でもない、という気持ちもないわけではなかったけれど、
こちらを生活の拠点とする以上、持ってきておくべきでした。
とりあえず、通夜はグレーのスーツで参列し、
妹が着ていない黒のツーピースをもってきてもらって、葬儀の時はそれを着られたので事なきを得たけれど。

あと、これは以前にも書いたけれど、とにかくこの年にして"親族"としてはおろか、知人の葬儀に参列することもほとんどなかったため、まったくもってマナー知らず(--;・・・

普段は≪御霊前≫とすでに書かれた袋を使っているので、今回、無地袋に名前しか書いておらず、妹に駄目だしをくらい・・・(ついでに、関西では御霊前じゃなくて≪御香典≫やで、といわれるし)



知らないことが多すぎる、大人げない私でした。



きっと祖母は

だんない

って笑ってるだろうけれど・・・



スポンサーサイト

Comment

Secre

プロフィール

serenabaglioni

Author:serenabaglioni
博士後期課程(応用言語学)在籍中。
もうすぐD3おわっちゃうのに、何もできてなくてやばい。
いい年してARASHIラブ(元々ジャニオタ)
   →「趣味の世界」へ
2010年4月から某所で働きます。

人間が好きになる名言集


presented by 地球の名言

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。