スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日中に仕上げなければならないのは

論文のサマリー。
内容は平たく言うと「知能と言語習得の関連について」。
結論はというと、その著者によると「関連はある」。

当たり前と言えば当たり前。

ただ、引用されている研究によると「アカデミックな面ではIQが高いほど言語習得は高いといえるが、それがコミュニカティブかどうかという面でかんがえるとそうでもない」ということ。(ただし、この結果についてもAuthorはデータの取り方に問題があると反論している)

私の経験から出せる推論はというと

 頭のいい子(学校で勉強のできる子)は記憶力がよい。言語習得は記憶力に頼るところが大きいので、勉強ができる子は言語習得能力も高い。

 ただし、それがSpeakingで上手く機能するかというとそれは性格が加味される。つまり、日本語(母語)でもコミュニケーション能力がどうかな?と言う子は多言語でもしかり。

てことをサマリーにかかねば~~
(ここでカキコしている場合ではない!)
スポンサーサイト

テーマ : 大学院生日記
ジャンル : 日記

Comment

Secre

プロフィール

serenabaglioni

Author:serenabaglioni
博士後期課程(応用言語学)在籍中。
もうすぐD3おわっちゃうのに、何もできてなくてやばい。
いい年してARASHIラブ(元々ジャニオタ)
   →「趣味の世界」へ
2010年4月から某所で働きます。

人間が好きになる名言集


presented by 地球の名言

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。