スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

備忘録

京都のR大学で行われた研究会。

(1)
1.FLEX 外国語に慣れ親しむ、経験を積みましょう
2.FLES 教科(学習)としての英語学習
3.Immersion Bilingual program

1・・・目的が明確であることが大切
ex. 移民の文化を理解しよう
(米)中学で外国語を選択:小学校の間にいろんな言語をかじっておく
→日本では、目的が明確ではない
2・・・諸外国では一番(圧倒的に)多いパターン
(韓) 英語ができないと将来生活ができないのではないかという切迫感
偏屈なナショナリズム的思考を持たないように
 →裏返せば、小学校で英語をやっていない日本はナショナリズムが強い?

実証的に示されていること
1.早期外国語教育は言語面、メタ言語面、認知面、情緒面社会相互面に置いて効果的
ただし、サポートシステムがしっかりし、学年ごとにカリキュラム・指導法が継続しており、小中の連携ができていること
2.単に楽しいだけのものではなく知的にチャレンジン具で達成感がえられるものを
3.FluencyとAccuracyは一進一退→Fluencyだけを念頭に置いた活動だけでなく、フォームへの気づきを促す活動も大切
4.初期の段階から組織的な読み書きの指導が大切
5.ストラテジーを意識的に使える機会を持てるような振り返りをさせる

K 先生
Working model
Competence → Performance
Assessment
Performance → Competence

中学に上がってからの意識調査
情意面が落ちない

(2)(異文化コミュニケーションが専門の先生のお話)
英語力(語彙・文法) ―― 動機付け、WTC、異文化への態度
  言語技術    切り離せない      心理・情意
中1の初めには高かった動機が夏休み明けにはがくんと下がる

1.Sustainable motivationのためには?
→中1の壁の緩和→中学の学習内容に無理なくつながっていく文法や語彙・学習方法の指導

自己決定論(Deci & Ryan, 200)
有能感
自己決定感
関係性

2.楽しさの意味
 Motive 何かをするきっかけとしての理由としての動機。刺激・目新しさ
 Motivation 何かをやり続けるための動機付け。刺激だけでは続かない。
楽しさの中身を変える

3.積極的なコミュニケーションを下支えする「できる感」
SLAでは性格的要因が習得に大きく作用するが・・・

 WTC(willingness to communicate)を最も強く予測できるのは?
Can Do
L2 self confidence

N 先生 (専門:国際理解・異文化理解教育)
異文化理解、国際理解教育は諸外国に比べ進んでいるのに、英語が話せないので国際的に対話をすることができない→英語力は必要

ex. アンニョンハセヨとともにチマチョゴリ→普段とは違う姿が言語とともにinputされてしまう
 Eeny, meenyの鬼決め唄はもともとNiggerで差別の歌(多お、知らなかった~、なんて無知な私)

(3)
テスト理論では
情緒面の部分はあいまいである
 Canale & Swain 情緒面は除外
 Bachmanのstrategic competenceやBachman & PalmerのAffective schemataは反応倍安の対応としてのみ情緒面を扱っている

言語能力の評価(Candoテスト)
全般的な質問・脱コンテクスト化が多い
→子どもには具体的であればあるほどよい→妥当性が上がる
     訓練が必要
 メタ認知能力が上がると学習ツールとなるし、先生のための指導ツールともなる


「授業の組み立て方」
Yu先生
 体験目標
 向上目標
 達成目標 (梶田, 2004)

(4) (教案に沿ったデモ)
 1.フォニックス
教えるの絵はなく気づきを促す。500円貯金のようなもの
 2.曜日と教科(復習)
毎時の復習の大切さ、スパイラルな学習
 3.野菜名の導入・練習
PPTスライド(写真)・練習  発展
 4.カレーライスの具材を言う
できるだけ本当の情報、言いたい・伝えたいことを伝え合う(展開)
 5.絵本 意味を考えながら聞く活動


(5)
 5年の3学期のプロジェクト活動
   
 へ?これを5年の三学期にやれと。。。?
 明らかに中学生の活動だよなぁ。
 小学生がこれをやろうとしたら
 紙に書いたカタカナを読むほかない。
 やった学校があったっていってるけど、ずっとやってきた学校が6年生の最後に、ということでは?
 











 まる暗記させて(それでもきっと言いきることはできないと思われる)言わせて満足、みたいな活動はやめようよ・・・



(4)までは良かったんだけどなぁ。
スポンサーサイト

Comment

Secre

プロフィール

serenabaglioni

Author:serenabaglioni
博士後期課程(応用言語学)在籍中。
もうすぐD3おわっちゃうのに、何もできてなくてやばい。
いい年してARASHIラブ(元々ジャニオタ)
   →「趣味の世界」へ
2010年4月から某所で働きます。

人間が好きになる名言集


presented by 地球の名言

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。