スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

学校教育学演習

今日の授業秀逸(なにさま~?)。
よかったわ~。

って、なんか、コンサートの感想みたいですけどw


理系ファミリーの紅一点、否、文一点?

「そんなの科学じゃねー」

攻撃を受けては
やっていることを全否定されているようで
むっとする私なのでありますが、

N先生はきっぱり

「心理学は科学じゃないんだから」

ほう。

そして、実験に至るまでの経緯とか、
実験とは何ぞやとか、
実践と理論のすりあわせみたいな話とか、

いちいち、納得することばかり、
いや、なんだか分かっているようででも漠然としてわかってなかった部分がクリアになったという感じ。




CALのほうも皆さん絶好調で爆笑の連続。


さて、Identityとはなんぞや?



私は社会的な制約からそれを受け入れたり受け入れなかったりして
自分の思うようにchangeする、その部分も含めてIdentityであって
どっちかっていうと


本質ってなに?


というスタンスなんだけど・・・


「ほんとうのわたしはこんなじゃない」

という言葉は私、あんまり好きじゃなくて

「今の自分にしているその張本人はあなたでしょ。
それも含めて自分だって認めなさい!」

と思っているんだけどな。。。


てことで、刺激的な水曜日は3週間お預け。
てか、三週間後の1月6日、もしかしたら大学行けないかも~(T0T)。
いつもお願いしている講師ができない可能性大だってよ~。
Oh, Noooooooo.

スポンサーサイト

Comment

No title

私も、学生時代、その系統の講義が大好きでした。自分の人生にも大きく影響したと思っています。

いい講義を受けられてよかったですね。

Re: No title

つるさん

かなりつぼにはまっています、教育学。
もともと、大学院も教育学を考えていたこともあって・・・
もっと早く気づいていればもっとたくさん教育関係の授業も受講で来たのに、残念!
(来年からは授業をとる余裕はなさそうです、夜はゆっくりできるので、健康的にはなりそうですが)

No title

ほかの大学講義の話はちんぷんかんだけれど・・・この話は一般市民も聞きたいな・・。

Miekoさん

それはIdentityの話かな?
Identityの話はCritical Applied Linguisticsの授業での話で、五っつう難しいです。文章に挿入が多くて読みにくいし(T0T)、内容が時に哲学的で毎回泣きそうになっています。
それをバンバン読んで意見する21,2の学生さんたちがあまりにすごいので、そのすごさを楽しんでいる感のある私です(笑)。
Secre

プロフィール

serenabaglioni

Author:serenabaglioni
博士後期課程(応用言語学)在籍中。
もうすぐD3おわっちゃうのに、何もできてなくてやばい。
いい年してARASHIラブ(元々ジャニオタ)
   →「趣味の世界」へ
2010年4月から某所で働きます。

人間が好きになる名言集


presented by 地球の名言

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。