スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なんとなく方向性が

10月は行事が重なって木曜の小学校での仕事が2回しかないのです(って以前にも書いた気がするが)。

今日は6年生は修学旅行。
新幹線の駅に着いたら黄色い帽子の小さな集団。
これは勤務校とは違う小学校の集団でした。

引率の先生はたったの2名。おそらく担任の先生と校長先生。
児童は12人くらい。
当地はSuper田舎なので、小さい学校はこんな規模。
担任の先生はむかしむかし長男Joshの担任をしていたU先生だったわ。

さて、そんなわけで昼間の仕事がないわたくしは
タイマイはたいて主査先生のもとへ面談に行ってまいりました。
もう帰途におります(笑)。

Literacyを見る話になっていましたが、
ここのところ、いろいろ考えていて、
その後Chaudronの本を読んだりしていて
やっぱり私にぴったりなのはClassroom researchよ、というわけで
教室談話研究の方向で勉強を進めることになりました。
児童の測定はできないことがネックだと思っていましたけれど
談話を分析すれば児童がどのような形で理解したり、Outputをしたりするのか
測れる(みえる)んじゃないの?って仮説(?)をたて、
先生にも「やってみたら」とおっしゃっていただけたので、頑張ってみます。

Career moveについてもまだ決定ではないのですが、ということでお話しし、喜んでもらえました(大変だよ!とは言われましたが・・・)。ほっ。


というわけで、あとは来週の決定を待つばかり。

家に帰ったらハロウィーンの準備です。
(なぜか今年は10月のこの時期に修学旅行や宿泊学習が目白押しで、ハロウィーンPの調整が至極大変(T0T))

スポンサーサイト

Comment

Secre

プロフィール

serenabaglioni

Author:serenabaglioni
博士後期課程(応用言語学)在籍中。
もうすぐD3おわっちゃうのに、何もできてなくてやばい。
いい年してARASHIラブ(元々ジャニオタ)
   →「趣味の世界」へ
2010年4月から某所で働きます。

人間が好きになる名言集


presented by 地球の名言

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。