スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

連投です

しごとしろよ>わたし。


だけどどうしても書いておきたいことがあるの。


昨日の輪読会にいらっしゃったT先生。
私立の小学校で長らく教えていらっしゃった女性です。
今もまだ某区のアドバイザーをなさってらっしゃいます。
なによりも、お年を召していらっしゃっても考えが一つ所にとどまっていないところがすごいと思う。

Input重視、なのはいいけれど何十年も前のKrashenの理論だけを追って授業をするのはどうなのかしら。子供たちはOutputもしたいのよ。
(でも***の前では言わないけれどね(^^;)、とお茶目におっしゃる)

昨日、横に座らせていただいて先生のつぶやき(?)を聞いていると
言語学用語がポンポン英語で出てくるし。
Syllablesの話をしているときはsyllabicationとか

どうしても[k]と[ae]を足すとcatの音になると理解できない方がいらっしゃるからしょうがないので
catじゃなくてcarにしたわ。"r" modifierなんかねぇ・・・とか

        -私、この言葉知りませんでしたトホホ


また反省モード全開です。
いやーん、私ってば知らないことが多すぎる~、恥ずかしい。


--------------------------------------

加藤和彦さん・・・「やることがなくなった」って遺書に書いてあったって聞いたときにすぐに「うつ病か」って思ったけれど、本当にそうだったのですね。
ひどく鬱状態(うつ病だとは思ってない?!)だったときの私がまさにそれだった。
やることがなくなってしまった、夢を持ってもかなうはずがない、生きててもしょうがないって思っちゃうんだよね。。。
長い長い真っ暗なトンネルに入っちゃうっていうか。
私にはその後、出口が見えた(様な気がした(笑))ので、今こうして生きていますが。

んでもって、やっぱり生きていましょうと思ってから出会った人々が素晴らしい人ばかりで(それまでに出会った人たちが素晴らしくないって意味ではなく)、今は生きてて良かったっておもうのだけど、残念ながら渦中にいる人に「生きてればいいこともあるって」とか「生きたくても生きられない人がいるんだよ」なんて言葉は全く意味がないです、というか心がlostな状態なのでそんな言葉は耳に入っても素通り(経験者は語る)。
薬でなんとかなることも多いようなので、治療はしてほしいけれど
(治療を拒否して亡くなられた知人もあり)
若者がその状態になったらなおさらだけれど
(別の知人のご子息も・・・。親御さんの悲しみは想像を絶するものがある)
ある程度のお年の方で、運悪くそれを選んでしまった方には
そうしてしまったことは悲しいことではあるけれど



今までお疲れ様。ゆっくり休んでね。


と言いたいような気もする私です・・・
スポンサーサイト

Comment

No title

こんばんは。
加藤さんの話。
私は自分が鬱だと思ったことは一度もないし、周囲の人も本人以上に鬱からは一番遠いところで生きている人だと思っているはずです。
でも、死に対しては加藤さんの気持ちと行いにとても共感出来る。
それは結構昔からの感覚で、積極的に自分の幕は自分で引いてしまいたい・・って感じかな。
自殺がすべて現実逃避とは思えないんですよね。
お前はちょと変わってる・・と夫は言うけど、鬱という枠のないところで、そんな風に考えている人って多分結構いるんじゃないかなぁ・・・って思う。
なんせ、死について話すことはなんとなく避けてしまう世の中なのかも。お葬式も含めて宗教の罪は大きいと私には思える。
加藤さんが息を引き取る瞬間は満ちたりた気持ちだった・・と私には思えまする。
深夜に変な話でごめんね。


さとさとさん

我が家での結論は「60歳過ぎたら、死を選ぶ権利があってもいいよね」だったんですよ。
だから、さとさとさんのおっしゃること、理解できます。

もちろん、80歳でも身内としては生きていてほしいと願うのでしょうが・・・

こないだの中川*一さんの死(自殺じゃないということだけど)は無念の死だったと思うけれど
幸せな幕引きだったと私は加藤さんに対して思いたいです。

No title

>我が家での結論は「60歳過ぎたら、死を選ぶ権利があってもいいよね」だったんですよ。

そうそう、私もまったく同感です。
一部の人の選択が一部の人には強制となる・・のような言い方は、日本人が個人として成熟してない・・と言っているのと同じですよね。
人としてどう生きるか、死ぬか・・に限って言えば、自殺がすべて悪とは言えないと思うのです。
そこに「神様」が入ってくるから価値観が一色に覆われて、逆らうことがタブー視されちゃう。
長寿している人の中には、「もう結構」と思っている人も、そういう意思表示が出来ない人もきっと沢山いるはずで。
serenaさんの言うように「選択」したいです。
せめて、オランダぐらいになって欲しいな。

さとさとさん

主人も同じことを言っていました。せめてオランダ並みに、と。

宗教によっては自ら死を選ぶことはタブーですが、日本はもともとハラキリの文化。
むやみに自分の命を粗末にするのはもちろんよくないと私も思いますが・・・
オランダはどうなんでしょうね?宗教<個人の意思ってことなのかな?
Secre

プロフィール

serenabaglioni

Author:serenabaglioni
博士後期課程(応用言語学)在籍中。
もうすぐD3おわっちゃうのに、何もできてなくてやばい。
いい年してARASHIラブ(元々ジャニオタ)
   →「趣味の世界」へ
2010年4月から某所で働きます。

人間が好きになる名言集


presented by 地球の名言

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。