スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初日

12時から研究所のほうでサバティカルで半年いらっしゃるDr. Nをおむかえし、Y先生とともにLunchだった。この時間帯(と言うか、一日のほとんど)が1時間に一本しかがないのであるが、これがちょうど正時に大学に着くんだよね。てわけで、12時ぴったりにつくのに乗っていくわけにはいかないので、1本早く乗りますた。

ああ、そうそう!めまい地獄から早くも脱出の予感。
大学に行くのがよほどうれしいのか?私。・・・そうかもね。

TESOLコースの生徒は10人中9人が参加。N先生も聞いていたような感じではなく、気さくそうな印象。
その後、3,4限はY先生の学部の授業をaudit。5,6限はW先生の初めての授業。第1週なので学部の授業はそれぞれ早めに終わり、コーヒーブレイクする時間もあったにもかかわらず、疲れたかも

4コマぶっつづけの木曜(それも朝2コマ-といってもこちらの一こまは45分だが-仕事の後だよ)を私はsurviveできるのだろうか?


さて、Action Researchの授業では、私は一人、異質なことを言っていました。

なぜ、Grammar translation methodとかAudio lingualは嫌われ者?
なぜ、Listening & speakingが最初でReading & writingは後なわけ?

あえて、Communicative!と叫ばれているこの時代に言いたい。

だって、・・・確かに昔習った人々のほとんどは話すのが苦手だったかもしれないけれど、いざ、その場に放り出されたとき、基礎のある人々は応用が利く。

今の子たち、(全員じゃないけど)明らかに「英語的基礎体力」が落ちてるよ。too communicativeな教科書を使って「自分でルール化」できず、さりとて、丸暗記してため込むこともできず(だって、圧倒的に量が少ない)、「知識」が足りてない子がなんと多いことよ。
学校でエイゴできる子はもともと頭のとってもいい子か、学力中以上で英語を習ってきた子で、完全フタコブラクダ型。


Critical thinking・・・じゃないけど、今のトレンドが100%正しいのか、考えたいです。



と言う意味も込めてとりあえず言ってみたのだけれど・・・

それを言うときに文法間違えるな~~>私。
ったくもう、説得力ないやん。

スポンサーサイト

Comment

Secre

プロフィール

serenabaglioni

Author:serenabaglioni
博士後期課程(応用言語学)在籍中。
もうすぐD3おわっちゃうのに、何もできてなくてやばい。
いい年してARASHIラブ(元々ジャニオタ)
   →「趣味の世界」へ
2010年4月から某所で働きます。

人間が好きになる名言集


presented by 地球の名言

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。