スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tweetするって

知らないことが悪いのではないのです。

でも知らないのに、それをそのまま、他の人に伝えるのってどうなんだろう?

たとえば、ある人が

「原発ですでに5人が死亡。15人が・・・」

とTweetしました。これを読んだ直後、人は

被曝して5人も亡くなっている?!

と思うでしょう。
事実はそうではなく、不幸なことに東海村の塔で作業なさっているときに地震が起こり、落下なさった4名+地震で重機か何かに挟まれて圧死なさった方1名=5名

悪意があるとしか思えないTweetだと思います。

ではそれをRTする人たちは?




かなり著名な方がプルトニウムの測定のことについてTweetしていました。

著名なだけに世の中に与える影響は大です。

私はここでその指摘が間違っていると断言し、語れるほどの

知識は持ち合わせていません。

しかし、このかたがプルトニウムの性質についてよくわかってこのTweetをしたとはちょっと考えにくいのです。

プルトニウムはとても危険なもの・・・という知識だけで呟いたのであればそれ自体が問題です。

下手に言及することによって、少なからぬ人を不用意に不安におとしめることを考えなかったのでしょうか。

TweetもRTも、たかがつぶやき、されどつぶやき。

自分自身気をつけなければと思います。




読まなきゃいいだけじゃん




そうなんですけどね。

ちょっと古いけど、自分が思っていることにかなり近いと思ったので
貼っておきます。

ダーリンコラム


そうそう、もう一つ、


Loriさん、トコちゃん、いけさんもおっしゃってますが

不謹慎の名のもとに

経済活動が停滞すると

被災地を支えるどころか

日本が駄目になってしまう。

義捐金も、援助物資、節電も大切だけれど

日本経済を停滞させないようにしていくのも

被害がなかった我々の務め。




スポンサーサイト

本宅に戻る

の話の前に・・・


原発のこと。

確かに、原子力発電所の危機管理が甘かったんだろう。

こうなった今となっては、いろんなことが後手後手に回っていることも批判されるのは当然だろう。

でも、その原子力発電所に頼って、

その発電所は自分たちの住まぬ地域にまかせ、

電気を湯水のように使う生活を当然としてきた私たち一人一人の責任は?

(原発を誘致した地域は雇用機会を与えられるのだから、という話はこの際おいといて)



節電のため、駅の照明は暗くなり、

エスカレータはとまり(車いすやベビーカー、お年寄りのためにエレベータは動いている)

ショーウィンドーもお店が閉まると同時に暗くなっているところが多い。

でもそんなに不便を感じないってことは、

私たちどんだけ無駄に電気使ってたん??と思う。

作った電気は貯められない(正確には蓄電できるけど、蓄電して後で使用するには

直流⇔交流の切り替えが必要で非常に効率が悪いのだとか?

理工の知識がないのでよくわからんけど)ので、

ぎりぎりまで使っても使わんでも同じ、というのは確かにそうなんだけど

一時的な節電じゃなくて

枝野さんも言ってるように、生活の見直しをするべきなんだろうね、一人一人が。





枝野さん、寝てるかな






さて、やっと戻ってきました。

続きを読む

さて

一度しかお会いしたことがないけれど

同業者のかたが(と言っても私がその仕事を辞めてしまっているけれど)

被災なさって、お教室をなさっていた1階がとても大変なことになっているとお聞きした。



埼玉の友人はスーパーアリーナにで学習ボランティア(といっていいのかな)をしている。



私には、なにができるだろう。

ボランティアの「できますゼッケン」という記事を読んだ。

赤=医療・介護、青=ことば、緑=生活支援、黄=専門技能

と分野ごとに分類なんだそうだ。
「ことば」で必要なのは、中国語、韓国語、ロシア語、スペイン語辺りらしく、専門技能とはヘアカットとからしい。あたし、どれもできないぞ・・・

やっぱり、頑張って働いて、義捐金を今だけでなく、細く長くやることくらいなのかしら(もやもや)。
こっちで物資を買って支援物資として役所に持って行く人が多いがために
こちらにすむママさんたちが紙おむつが手に入らなくなってしまっているとも聞いたし
物資を自分で調達、っていうのも問題がないわけではないんだなと思う今日この頃。





週末本宅に帰るつもりをしていて、
一番長く通ってくれた生徒さんと、ご近所さんに会う約束をしていたのだけれど
一昨日、昨日と余震が多くて
のほうが震度が大きく、木造戸建なため、ぎしぎし揺れるものだから
(おまけに揺れる前に、「ごおおおおっ」って音がするのよね、なんで東京ではしないのかしら、あの音)
昨日あちらにいた旦那に「当分行かないほうがいいんじゃない?」と言われ・・・迷う
・・・けど多分帰る。




余震、はやく収まりますように!
お友達のところのガスが早く復旧して、暖かいお風呂に入れますように!
なんで今年に限ってこんなに寒いのよ!早く春になって!東北地方も暖かくなりますように!
お願い、お願い、お願い!!!





ヘタレている私を気遣ってくれて
bettyちゃんが送ってくれました。
sake
とってもおいしくて、2.5杯飲んでしまいました。
明日大丈夫かな、私。

どんだけひまやねん

ふぁんさん、お誕生日おめでとう!
あまいさん、息子さんの合格おめでとう! ほんま、うれしいわ。

supermoonsuper moon

さて、タイトルにありますように、どんだけひまやねんと思われるかもですが・・・



契約上は、私は語学講師扱いで、休業中は出校の必要なしなのですが、
(そのせいか、関係ないのか、前任者より私は薄給でもあるらしいよ)
ご存知の方はご存じのように、立場がややこしいので、
休業中に呼び出されたらNoとは言えないし、
呼び出されなくとも小心者serenaは常に
「ほんまに行かなくていいのかな?」
と思いながら日々過ごしております。


先週から出校しようとおもっていたのですが、交通の便とか、計画停電などの関係で行くのを取りやめ、
今週こそはと思ったけれど、
今日も計画停電12~15時。
私のいるオフィスは窓なしなので、


停電=真っ暗


こんなこともあろうかと、成績はつけたがコメントを入れていなかった9つのファイルをえっさほいさと持ち帰ってきたのですが、そのコメント入れも昨日終了。
あとは来年度新たに使うテキスト2冊も持ち帰ってきたので
予習だな、うん。


どの道、明後日は行くのですけれど。


閑話休題。(って、え?ここまでが余談?これからが本題??)




本日22日は24th wedding anniversaryでございます。
どーーーも結婚記念日は一緒にいることがほとんどなく、
今年も例にもれず旦那は私は江戸です。
でもおととい、「2日早いけど消費活動も兼ねて」と二男のバイト先の居酒屋さんにて祝杯。

後でわかったことだけれど、同日、21日が22nd anniversaryだった妹夫婦+姪っ子も「1日早いけど~」と横浜で祝杯をあげていたらしい。



私と妹、2歳違い。 誕生日3日違い。 結婚記念日1日違い。



で、私と旦那はその日、いったん、用があってアキバまで歩きで往復。
夜に「疲れたら電車に乗ればいいや」と歩いて銀座(といっても新橋寄り)まで行き
歩けそうやなと帰りもそのまま歩いて帰ってきたときにみたのが冒頭のSuper moonです。

地球に最も接近・・・の割にはあんまり大きく見えていないのですが・・・

銀座が暗い、ということはわかっていただけるでしょう。
ものすごく歩いた一日でした。






今日はそんなわけで出校はしなかったので、
野菜がほぼ底をついたため、直近のスーパーに買い出しに行きました。
いつも安くて助かるオ**キ。

仙台では大根が800円もするそうなのに
申し訳ないくらい、いつもと同じ値段で売られていて
先週なかった卵も牛乳もパンもあった。


流通が悪いから高くなるのだと報道されていたけれど
ほんとなんかな?
こういう時に儲けてやろうと足元見ている人がいるのかな・・・

野菜を買って送ることができたら・・・
でも今は宅配とはいえ、翌日配達はままならず、1週間~10日かかることを了承のうえしか出せないらしい。

ダ*ソーには、ウェットティシューや赤ちゃんのおしりふきがたくさん置かれていた。

仙台の友達のおうちは電気・水は来ているけれどガスはいつ復旧するかわからないとのこと。

ガスが来ないとお風呂に入れないよな。

銭湯などもあいてないだろうし、どうしてるんやろ・・・

気丈な彼女のことだから、当面あっちで頑張るのだろうと思うけれど、

ご親戚が首都圏にいらっしゃるから、そのうち、こちらに羽を休めにいらっしゃるやろか。

どうか無理しないでね。




自分へのつぶやき(2)スルーして

今回のことで、あるブログで、被災者の方が

「被害がなかったところでは普通に楽しく暮らしているのだと思うと

腹立たしい」

ってコメントを残していた。

そうやよね。



腹立たしい気持ち、私自身も感じている。

昨日、街を歩いていたら「安定ヨウ素剤、処方できます」と看板出しているクリニックがあった。

東京は大丈夫っていろんな機関が言っているのに

騒いでいるのを見たり聞いたりするにつけ、すごくいらついている自分がいる。

自分の家は100キロ。東京まで250キロ。

旦那は今晩または明日早朝には仕事で本宅方面に行く。

もちろん、友人たち・元生徒たちの多くはかの地で生活をしている。

水に平常値より高い(でも健康被害はないとされている)値が出たし、

野菜には規制値の何倍もの放射性物質がついていることが分かっている。

水で洗い流せばって言ってるけど、その水にも含まれるんですけど?!


108キロのうちが

(アメリカが区切った50マイルよりさらに外やで。騒いだらあかんわな~)

これだけいろんな情報に一喜一憂してるのだから、

より近い人の心配はそれ以上だろう。

地震での被害だけでも甚大なのに。




友達のお義兄さんはT電勤めで、16日まで電源担当で第一原発にいらしたそうだ。

今、放水活動をしてくださっている方々、消火活動をしてくださった方々、

近くで作業をしてくださった/ている方々、そしてそのご家族に置かれては

心配、不安はもっともっと多いだろう。




大丈夫だと言われている地域で騒ぐことが、

より影響を受けるであろう地域の人たちの心をどれだけ傷つけているか、

考えなければいけない。

仕事と用事を済ませたら、今週末は、本宅へ戻ろうと思う。





*安定ヨウ素剤は40歳以上は飲んでも意味なし。40歳未満でも、(福島県内ですら)作業者については存じ上げませんが、一般市民は今の段階で飲むのも意味なし。

何を信じるか

自分へのつぶやき。



自分も研究者のはしくれなのでいいたくはないけれど

研究者だから(たとえば原子炉○○所というところの教員だから)といって

その意見が正しいとは限らない。

今こそ、Critical thinkingが大切。

研究者にはそれぞれ立ち位置があって自論を説く。

自説に都合のよいことを中心に持ち出す。

当然、バイアスがかかる。

今回の原子炉について

大学の施設内で研究しているが原子炉を作ったことがない者がどこまでわかっているのかは疑問。

わかっているのは原子炉を作ってきたメーカー(T,H,M)の技術者やT電の技術者、および、保安院。

(ただし、彼らが情報を制限しているとしたら問題)


http://genshi.seesaa.net/article/191498566.html

https://sites.google.com/site/reportfujibayashi/

A*RAにしても「恐怖心をあおるつもりはなかった」って、おいおいおいおいおい。

表紙見ただけで恐怖心をあおるに十分なんですけど?!

それが想像できなかったのだとしたら、

「自分は大丈夫」という立場で「他人事」と思って書いたとしか考えられない。

記録その2

我が家は木造なので軽量鉄骨よりも揺れやすい。
それで建物への負担を吸収しているのだと思いますが・・・




旦那が昨夜、江戸に戻ってきました。
家の様子を撮ってきてもらったので記録として残しておきます。

あらためて、
昨年度までのようにもし自分が一人でにいたとしたら
どうなっていたんだろうと想像し、とても怖くなってしまいました。

みりままさんのブログから
ミュージシャンのモンキーマジックのメンバーの一人の自宅@仙台の様子を写したブログに飛んで、
被害の程度がやっぱり比べ物にならないのはわかっているのですが、

うちがこんなだったのに、周りのおうち大丈夫だったの?!
(serena先生のおうちは気の毒なことになっています、とK先生がいったのはそういうこと?うちだけこうなの??)

こんなときでもランニングする旦那いわく、
近所を走ってみて
県の特産品である大谷石で作られた塀(がたくさんあるのですが)は軒並み崩れていて、
さらに近くの墓地は墓石が倒れていた、と。


みなさん、我慢強いのかな・・・
私はヘタレなので、
昨日、とうとう心が崩れて涙が止まらなくなり、しばらく寝てました(T-T)
ま、石膏ボードがずれたかな?ということより、
原発への心配がぬぐいきれないことやら
いろんなことが相まって気持ちとして限界だったんだろうけれど
(旦那曰く、準備は常に必要だけれど、心配しているようなことは起こらない!と言っています)
今日はもう大丈夫です!多分。
自律神経がちょっと崩れていて平衡バランスが悪いけど。


3日間暖房付けずに頑張れました。
あんなに寒い、寒いって大騒ぎしてたのに、やればできるやん、って感じです。
肩こりで頭痛いですが
もっともっと寒い人のことを思い、節電第一で
今日も頑張りましょう。

明日は式で出校(T0T)。
地震があっち方面で多いからこわいよーw
仕事なのでやむなし(涙)

続きを読む

備えと買いだめ(買い占め?)

朝からお米屋さんに行ってきました。
二日前にお米を買ったお店です。


買い占め?


いえいえ、旦那の友人のお店でお米が足りなくなり
(出入りの業者さんが被災され、避難所生活を余儀なくされているそう)
SOSが出たのです。

銀座は今、夜、人がいないそうです。
ランチで頑張らないとやっていけないのに、
肝心のお米が手に入らない!

朝行ったら「ここのところ、こんな調子で、業者さんに出す分とっとかなきゃいけないんですよね。個人売りはもうできないかも。。。うううーーーん」
(そう、ここは卸が中心で、去年、「小売りもします」ってハタを小さく掲げられたのです。)

「個人じゃないんです。友人のお店がピンチなんです!お願いします!」と頼み込み、売っていただきましたw



二日前、うちのお米は底をつき、買い締めるためではなく、食べるためのお米を買いに行ったのです。
お米屋さんに「お米ありますか?」と聞きながら入って行きました。

普段はお昼にご飯を食べたりしないのに、今はほぼずっと私と二男が家にいて、お昼も御飯を食べる=普段の約2倍のお米を消費するってこと。お米の減りも早いです。



でも、外から見れば「この時期にお米!買占め?」と見える。



二重生活を何年もしていて、
買いすぎるとだめになってしまうことが多いから、
ほとんどその日の分かせいぜい明日の分くらいしか買わない生活を続けていた。


私の普段通りの生活・・・では、ここ数日は乗り切るのが難しい。



もっと前に、(ほぼ専業主婦だった頃)毎日買い物に行けるから
冷蔵庫にものがなくて
母親に

「あんたなー、具合が悪くて買い物に行けないこともあるんやから
3,4日分の食料は買って置いとくもんや」

って言われたことがあります。
そういうもんかいな?くらいな感じでしたが
今は事情が違うけれど本当にそれを切に感じる。
だってお店に・・・


ない。

卵がない、お米がない、牛乳が(飲まないからなくてもいいけど)ない。パンがない。


そして、こないだ旦那が買って冷凍したパンを朝食に食べている。
そんな人が、何人もいて、プラス、流通がこんなことになってしまうと
一時的に品不足なのは当然と言えば当然なのかな?

たしかに、Rさんのブログ(だったかしら?)で

「(長い行列ができているのに)目の前の人が最後の一袋まで買占め」

と書かれていたように心ない人がいるのも事実だと思うけれど
たいていの人は、3日分の買い出しなのであって、買占めではないのではないかしら・・・




今、自分の横には、何かあったらすぐに飛び出せるように、

貴重品とスナック菓子2つと500ミリのペットボトル、薬を入れたバッグがある。

寝るときは枕元に、防寒具とともに置く。



小さい時、「枕元に明日着る服を置いて寝なさい」って言われたと思うけれど

そんなこと、大人になってからしたことがなかった。

今、その意味を知る。




院の同級生で、常に非常用グッズが入ったポーチを持っている友人がいて

神経質だなぁと思っていたけれど

それも今回の様なことがあると、逆に自分の備えの悪さを実感する。




昨日の地震ではいつまでも動悸がおさまらなくて・・・

気がついたら震源に近い友人にメールしていたし
(家族じゃない人がメールしたり電話したりするのは迷惑なだけとわかっているのに、
震えながらメールしてしまってた(--;  ほんとにごめん!)



物的だけでなく、精神的備えも必要です。



昼間でも結構暗い我が江戸宅。
結果的に部屋も寒々しているけれど
少しでも節電できるように、
ちょっと散歩してこよう(いや、実は未払いのカード代金を支払いにw)。

昨日は暖房なしでがんばれたので、
今日も頑張りましょう。

そしてこんなに(通勤時間のロスもない)たっぷり時間のあるときにこそ
研究を進めましょう。

些細なことなんだけど

日記を兼ねているので、記録として残しておきたいと思います。

しかし、不快に思われる方がいらっしゃるかもしれないので

続き 以降に書きます。

本宅の状況 ほか

続きを読む

携帯メール(地震関連)追加あり

書き忘れてたけど、これも備忘のために。

災害時、携帯の電話がつながらなくなることは聞いていたけれど

駄目もとで旦那と息子にメールした。

送信できた。が・・・

自動受信はできなくなっていた。

それに気がつかなくて、

メールを送っているのに返事が返ってこないってどういうこと?

とものすごく不安になった。

電話はもちろんつながらない。

30分くらいたった時にふと思い立って

新着メール問い合わせ

してみたら、5件たまって来た。

その日は一日、問い合わせしない限りメールが自動で着信ことはなかった。

電話は歩いている間に(5時ごろ)、滋賀にいる親の家電にはつながった。(携帯へは駄目だった)

イーモバイルでアイポッドからネットには接続できた。

ワンセグでテレビを見ることができた@四谷
(ただし、江戸宅ではワンセグは入らない)


アイポッドからネット接続して、

災害用伝言ダイヤル171に電話すれば伝言できるというのは分かったのだけれど

伝言の残し方が分からず、かけなかった。
(かけたらアナウンスがあったのかな・・・)

私は普段、アイポッド&イーモバ用にエネループの大型蓄電池、携帯用にエネループ単3を2本を急な充電用に持ち歩いているんだけれど、大型蓄電池のほうもケーブル(100均で買える)さえあれば携帯電話にも使えるので便利だと思います。



<追加>
もう一人、鍵を預けている先生が、お願いする前に見に行ってくださいました。



一番心配なヒーター→オイル漏れなし。コンセント抜いてもらった。
食器→ゴミ箱行き。ゆか危険。
本棚の本→落ちてる
テレビ→OK!
タンス→ちゃんと立ってる!
2階のトイレ→水流れっぱなし。だけど、ちゃんと排水されていたらしく、水漏れなし。心配なのは水道代だけw
教室内の書類・本→どっさり下に落ちてたらしい

嵐部屋を見られてしまったww ま、やむなし(汗)

無事です(めちゃ長文)

ヘルメットをかぶる人があちこちに混じるごった返す歩道を

こんなことが起こるんだと思いながら江戸宅まで歩きました。

Blogを書いていいのか、と自問自答していましたが
mixiでもTwitterでもつながっていない友人がいるので



東北各地に比べれば江戸の被害がかなりすくなかったものの、
災害は来る時は来るという記録&自戒のためにも

一応ここで記しておきます。



今週はオフ!と宣言した通り、ゆったりと本宅で過ごした私は、
木曜日に江戸宅に戻り、金曜日朝は主査面談。
面談を済ませた足で A活をするために赤坂へと向かった。
そして、整理券187X番をゲットし、
「いや、ぎりぎりセーフ。わー、でも投票5時かぁ」
なんて思いながら在籍する大学に徒歩で戻った。


金曜午後は職場に出向くか迷ったのですが、
オフに徹したことが結果としてよかった。
職場に行っていたら足止め&泊まるしかなく、
帰宅困難者となるところだった。


大学では最初の2時間を図書館の2階で文献探しに費やした後、
5階言語学研究室に移動。しばらく文献を読んでいたら眠くなり、
3時になったらちょっと小腹を満たしてサカスに向かおう
そんなふうに思っていた2時45分ごろ、ゆらゆらが始まった。
最初はイスに座っていたのだけれど、
収まらないどころがどんどん揺さぶられるような感じに
周りにいたみんなで机の下にもぐる。

その前日、ちょうど旦那と

「携帯を持っていることが生死を分ける」

という話をしていたので、
あわてて机の上にあった携帯を取りなおし、
再び机の下にもぐるものの、あまりに揺れるので
椅子の足をしっかり握りしめていた。




机の下に潜るのはいいんだっけ?
すぐに外に出たほうがいいんだっけ?

そんなことを思いながら・・・


一旦とまったように思ったときに
事務の方が「一階におりましょう!」とおっしゃったものの
また揺れ始めて、再び机の下に。
そして次に収まったと同時に、
床に散乱した本の上を(ごめんよーーー)歩いて、
研究室を出、階段を駆け下りた


ご存じのように、S大学の敷地はせまく、グランドは別にあって、なにもないところってのがない。
でなるべく倒れてくるものがなさそうな所にあるベンチにとりあえず座った。
誰も周りに知っている人がいなくて孤独だった。

「これで終わりかな?」とか英語で聞かれたけれど
(S大、外国人いっぱい)
I’m not sure. としか言えない私(そりゃそうです)。
そのうち、また大きい揺れが・・・
ざわめきとともにみんなが見上げる方向を見ると



2号館(15階だて?)が揺れている。
鉄筋コンクリートのビルが目の前で揺れている。


しばらくして、グラウンドへ移動という指示が出てそちらへ向かうも
グラウンドに出るには土手にあけられたほっそーい通路を通らねばならず、人だらけ。
私はとりあえず、土手に上がって様子を見、
通路がすっかりすいてからグラウンドへ移動。


さっき研究室にいた人たち+Shutaくんがいた。
ほっとした。
それまで孤独だったからw

そこでさらに待機して、雨が降り始めた4時すぎごろ。

「歩いて帰れると思う人は帰ってよし!」

という事務方からのアナウンス。
なんどか歩いたことのある私は道もわかっているし、
90分ほどで帰れると知っていたのでまずはグラウンドを後にする。
大学構内に戻るとS先生に遭遇。
みんなは言研に戻って行ったけど私は帰ることを選ぶ。

というか、おバカな私は一瞬

「サカスに行くか、直接帰るか」

で悩む。
でも赤坂から帰るとなるとすごく遠回り。
万が一、赤坂で何かあったらシャレにならない。
大人の判断をしろー>私。

ということで、帰路につく。


ところが、いつもと違うルートをとってしまったため、
やや遠回りしたのか、
神保町などごった返していて、いつもの速歩きでは歩けなかったせいか
やや時間がかかり、100分ほどかけて
「もう疲れた。(途中で買った)水が重すぎる(T0T)」と思うころに
ようやく到着。

でも、その日は赤坂まで歩くことを最初から想定していたので
スニーカーだったことが結果的に幸い。
脚は痛くならなかった!



歩いている間、

2階のガラスが割れておちていたり、

外壁が上から落ちていたりして、

「頭上注意」が何箇所もあった。

「こんなにヘルメットをかぶっている人がいっぱいいる」ことに驚いた。

多くの人がコンビニの袋持っているのを
「なんだ?早くも花見の予定だったのか?」
とか思いながら見ていて、
よく考えたら
「いつ着くかわからないからとりあえず手に食料を持って歩いてるのだ」
と気付く自分に呆れた。

レンタカー会社の前で人がたーくさん待っていた。



かと思うと、何事もなかったかのように談笑しながらお茶を飲んでいる人がいた。





帰宅しても誰もいなくてとても心細かった。

(二男はなぜか大学に避難? 旦那は途中腹ごしらえしていた)

って書いてたら緊急地震速報がきた!



阪神大震災の後、
避難袋を買って、水やら乾パンやらを入れて備えていたけれど
喉元過ぎれば、でのほほんとしていた。

江戸宅にも3日分の緊急食糧は置いてあったのだけれど
置いてあることを忘れていたくらい。

そして、関西出身者は関東の人たちほど
避難訓練を真剣にしてこなかったって思いません?
阪神大震災前は
「関西に地震なんかこーへんし」
くらいな気持ちでいませんでした?

関東出身の方々は本格的な避難訓練や準備を教育として受けている。
実際に震度5を経験してみましょう、ってことで「箱」に入った経験のある人も多いのでは?
防災ずきんとかって椅子につけてないですよね?関西の小学生は(いまはあるのかな?)


なんか、ヘルメットをかぶって食料を持って歩いている人たちを見て
自分の備え・意識の甘さに愕然としました。




昨日は、3人のうち、誰かが起きていて非常時にすぐ気付くようにして
交代で寝ました。


今日は一日、江戸は穏やかだった、ゆっくり寝れるかな?と思いましたが
今になって何度も緊急地震速報。

何度も携帯が鳴るのでまた昨日の恐怖がよみがえる。

今日は交代で寝なくていいかななんて言っていたところでしたが、
やっぱり交代のほうがいいかもですね。



ちなみに、本宅ですが、
外観は大丈夫だとご近所さんに確認していただきました。
(本宅地域、震度6強。その後の余震半端ない(涙))
中の様子は・・・どうでしょう。

ついでに、原発からちょうど100キロ圏。
今のところは大丈夫ですが、
最悪の自体が起こってしまうとぎりぎりアウトかもな立地。
お願いだから早く冷えて頂戴!!!原子炉。

とはいえ、それだけなのだ。
今、東北で起こった・起きていることは
比べ物にならない。

深刻な状況にいらっしゃる被災者の皆さんに自分は何ができるのだろう。
落ち着いたらもちろん、義援金をと思っていますが
今は・・・
なるべく、テレビを消して、不要な電話をせず、
くらいでしょうか。




不幸にもお亡くなりになられたたくさんの方々の冥福をお祈りします。
まだ孤立している方々が少しでも早く救助されるますように、
そして、そのために奮闘してくださっている自衛隊他の方々のご無事も祈念しております。

ないよー

言うほど書いてないけれど、書き始めた博論のファイル紛失・・・


なんでないのか意味わからんw


結構いい感じでIntroとか書けてたのに(T0T)・・・

     ・・・という記憶しかないので、書きなおすとしたら一から orz

明日、江戸に帰って、プリントアウトしたものが残ってないか探す・・・

なんてこった。












今日は杜の都大の合格発表。

2つ吉報いただきました。



明日はTとKの発表ですね。

いい知らせがあちらとそちらに届きますように



お休み中

学校の先生は休みが多くていいな~

と思いますやろ~。

ある意味そうですわな~。

せやけど、休みのようで休みでないんでっせ~。

それから有給休暇はあらしまへんねん。

授業期間中、遊びで休むことはできまへんのや。


とはいえ、休業期間中は他の職種に比べて休みは長く設定しやすいかもしれません(ただし、職業柄、仕事のことを100%忘れて休むってことはありえず、常に仕事に関連している本や資料を携えているという感じです。)

で、この1週間は仕事は完全オフ(メールチェックくらい)にしました。
今やっているのは自分の博論に関することや、個人的な用事です。


先日ここでつぶやいたフリーオンラインアンケート作成サイトはおかげさまで見つかりました。
でも質問紙の形式はまだ考え中。

5件法にするか、順位をつけてもらうか、自由記述か

内容はほぼ決まってるのだけれど。





以前、新聞社のインタビューに立ち会わせていただきました。
3日にすでに記事になっていたことを一昨日あたりに気付きました。
私の影も形もその記事にはなかったですけれどw
ま、想定内です。






土曜日にすでに私立に進学することが決まっている教え子が2人、挨拶にきてくれました。

その後、夜になって、別の保護者(国立の結果待ち)が早々にご挨拶にいらっしゃいました。

さらに、今朝、結果待ちながらすでにどの大学に行く?と悩んでいる教え子が話をしに来ました。

次に夕方、私立進学が決まっている別の教え子がお母さんと一緒に来てくれて、1時間立ち話しました。

いちいち、大きくなったな~って感無量になってしまう私でした。






今日、待っていた吉報はこなかった・・・
悔しい思いをしているだろうなと思うと辛い。
本人が一番つらいにきまっているのだけれど。
どうか、気持ちを切り替えて、前に進めますように。

身辺整理?

確定申告書類の作成が思いのほか早く終わり、

なんせ、4月からは

いただく月謝=交通費

だったので教材費や卒業祝いでです。

1~3月分がそこそこにあるのでそのあたりだけですかね、大変だったのは。

源泉徴収票&支払調書が計4枚あって、うち3つが「○○学園」

ああ、非常勤を6つ掛け持ちするNETとかだと6枚あったりするんだな~とか

想像していました。

通帳が江戸宅にある!と焦ったものの

ちょうど切り替えだったため、前の通帳は本宅にあり、

事なきを得ました。


んなわけでこちら終了

廃業手続きもしなきゃだから、いつもは郵送だけど、

持って行くかな。すいてるといいけどなぁ・・・駐車場がいつも最悪の事態だから。

あ、歩いていけばいいのか。

これにて、一つ身辺整理。




次にするのはJ-SHINEトレーナーの更新手続きだな。

レポート書かなきゃいけない。めんどい。更新料1樋口も必要だしな。

けど、ま、もうしばらく持っていたほうがいいよね。




それと並行して、博論書く。







朝起きると、いつもすっごいネガティブな気持ちに襲われて

あーーー、もうやだ。すべてをやめてしまいたいっ!って思うんですな。

今日もそうだった。

私はAのコンサート中に居眠り(というより熟睡)している・・・という夢から覚めて

博論書けない。書きたくない

ってまず思った。(なぜ?)

でもな・・・





フリーのオンラインアンケートを作るサイト知らないですかね~、だれか。

1問きり、っていうのはいくらでもあるんだけれど。





朝風呂を堪能。

本宅は本当にゆったりできていい。

でも365日毎日ここなのは嫌。

贅沢な私です。






映画鑑賞Part2(笑)

ちゃんと起きられたので、10時からのGANTZ見てきました。
(私、予定のない日は目覚ましかけずに寝たいだけ寝ることにしておりますw)


聞いていたのは


「最初がグロい」


だったので、そこが終わってちょっとホッとしていたら

最後まである意味こわい(戦うシーンが多くて)ので、緊張しました。

思わず、腕に力が入ったわ・・・

でも、ストーリーは惹きつけられるものだったと思います。

次も見たいなって思うような。

クレジットが出て、「ささ、かえろ」と思ったらまた若干続きがあって(危ない、危ない)

そこをみるとさらに「お?」です。

どうせ当たらん、と思って来週のPart2完成披露会には応募しませんでした。

がっかりする回数を減らそうと思って

4月29日(には見に行かないと思うけど)が楽しみです

まんが読みたくなっちゃったけどw

続きを読む

映画三昧

がつん

GANTZはまだ見ていないの・・・。

本日見たのは、アカデミー賞の多くをとった


The King's Speech



Matt Damon主演(?)のHereafter

です。

The king's speechのほうは、2時間があっという間で、人間ドラマって感じでしたが、
Hereafterのほうは、実際にあった事件が2つ出てきて、それがあまりにリアルで怖かった・・・
とともに、「え?」という終わり方でなんだかもやもや~~。

本日はカップルデーということで2人で2000円。
つい、2本連荘で見ちゃいました。

明日、起きられたら、
GANTZをモーニングショーで安く見たいと思います。

私の英語(というより外国語)学習歴

英語教育ブログみんなで書けば怖くない!企画(http://d.hatena.ne.jp/anfieldroad/20110301/p1)に参加します!


最近、自分の英語のBrush upできていないのでトホホなんですが・・・

えーと、以前どこかで書いたような気がしなくもない内容です。
度々のお目汚しになっていたらごめんなさーい。

そして長い!
生きてる年数が多いのでやたらに長いっ!






私は父親から多大な影響を受けていて

-父親はずっと単身赴任で7歳~結婚するまでほとんど一緒に暮らしておらず、手紙のやりとりくらいでしか意思疎通をしていないのにもかかわらず-

語学を勉強するのはmust doのひとつでした。
それも本来、英語じゃなくて「女はフランス語、男は中国語を話すと最も美しい」と言われていたんですね~。
(根拠不明)
父は旧制中学が最終学歴で、英語を使うような仕事にもついていないのですが、なぜか英語が話せました。子供のころの記憶なのでどの程度かは今となっては分かりませんが、英語でだれかを助けていた記憶があるし、どこかで習っていたんじゃないかという記憶も。


だから、父のイメージは「英語はできて当たり前+フランス語」だったんでしょう(たぶん)。


私の英語との最初の関わりは、父親が買ってくれた英単語が白黒の絵つきで載っている本です。
(おそらく小4のとき)それを見ながら自習したのが初めての英語学習。
たぶん英語にカタカナがふられていたのでしょうね。自習と言ってもペラペラめくるくらいだったかと思います。

5年生になって、なぜか、全く英語を話せない母が「テレビ英会話」(確か東後勝明さんの)を見始め、私も一緒に見ることになります。ソノシート付きのテキストも買って気合いを入れてみはじめたのですが、実際に見ていたのは多分1ヶ月くらい。なぜかというと

Excuse me? Yes.
Where's the Diet Building? Pardon?
Where's the Diet Building? Let me look it up into the dictionary.(だったかな?)

この後、覚えてないんですよね~。「わからなくなっちゃった」という記憶がかすかにあります。
当時、Diet buildingがなにか、写真つきだったにもかかわらず、国会議事堂だと知りませんでしたw



中学時代
10クラスもあって、先生が二人いらっしゃって、私は「当たり」の(!)発音がネイティブなみな&厳しい女の先生でした。(秋山先生~、もう連絡も取れないけれど大好きだった)いっつも

「読んで~読んで~、書いて~書いて~、やってるか~?」

って言ってはったわ~。毎回、前時の復習書き取りがあって頑張った。
発音では(当時珍しく)小学生のうちから英語を習っていた子に勝てなかったけれど
たぶん成績はとてもよかったと思います(笑)。
で、変人serenaは、その後、友達と英語で交換日記を始めます。数年前にそれが発掘されて(!)ペラペラ読んでみたけれど、笑うしかない英語です。
懲りない私は、次に、交換日記をしていた友人とともに、今度はフランス語の学習書を買いに行きます(多分これは中2のとき)。しかし、三日坊主体質はかわらず、フランス語学習はアッというまに頓挫します。

一方で、私はスピーチコンテストに出るように言われて、他の3人とともにその特訓を受けます。
私はRecitationではなく、Speechのほうだったので作文するのですが、英作は先生でしたw
それをひたすら覚えて、発音を治される。
最後には先生はあきらめてこう言いましたね。

「発音、どうにかならんのかと思ってたけど
大統領候補もそんな話し方してたから、それでええわw」

ちょうど、大統領選の真っただ中でニュースで候補(カーター、フォード)のスピーチがよく流れていた時期でした。年齢がばれる(--;
練習の甲斐あって地区予選突破し、県大会で玉砕します(笑)!
当時の、ALTなんていない時代に、外国人が教べんをとっていた近江兄弟社中学校の子たちの自然なスピーチに「あれでは勝てない」と挫折感よりもびっくり仰天したことが昨日のことのようです。



高校時代
高校生になったserenaは英語の予習=そのセクション暗唱、という荒業で学校英語を乗り切る一方、高3のときに京都駿台予備学校にてFuture husbandをゲット、ではなく、表三郎先生から「英語の構文はこう読みとるのだ!」ということを初めて学び、名前忘れた英作文の先生に「日本語をまず砕いてから英語にするのだ」ということを学ぶのであります。


   これはのちに、別々の時期に同じく駿台に行っていたHelenちゃん、ヘレダンちゃんとともに、
   「高校の先生はいったいなに教えとったんじゃー」とぼやくネタになるのであります。
   すべての先生に当てはまるわけではないと思います、はい。念のため。


目からうろこの英語の授業。ビバ駿台! 休みの講習では伊藤先生からも授業を受けた(はず)。

の割には、始まって2年目の共通一次試験の英語はなんで?というほどひどかったですけれど、結構長い英作文のある二次試験は「よっしゃー」な書けようで(自己評価w)見事、イタリア語科に入学~(あれ?フランス語じゃないの??)


大学時代
今は亡きOUFSは1年から専攻語が6コマ。すべて通年授業、一個落としても留年ケテーイ、な恐怖政治(違)がしかれておりました。
英語どころやあらしまへんねん。

実際、留年する人いっぱいいましたw

イタリア語がうまくなるほどに英語が下手になる現実w
ただ、私は国際電話のオペレーターの仕事を2年生から2年間することになり、電話用語として韓国語と中国語を習ったり、その他の国へは英語がベースで、使う機会はあったのですね。
で、4年の夏にイタリアに行って、ここが私のイタリア語のピーク。以降、下がるばかり・・・




社会人時代~
プログラマとして就職。(なのに、総務課長に「serenaさん、プロフィールって英語でなんて言うの?」とか変な質問を出身大学名でされちゃう私w)
結婚、子育てしながらたまーに友達からもらう翻訳の仕事(イタ語か英語)。
旦那に帯同して、1年4カ月メリーランド州滞在。習うより慣れろ時代。

帰国後
アメリカから帰ってきた直後よりも、その数年後のほうが格段に聞き取り力が伸びた。
原因はズバリ、Sitcomのディクテーション。
何回も聞いたし、なにより、NiftyserveのFENGフォーラムで仲間がいたので続いた。
音読もめっちゃしました~。

自宅で教えるだけでなく、Z会の添削指導員、エンカレッジの質問に答える仕事、教材の校正などしていたので文法力が大幅にアップした時期。
会話力を維持しようと○オスとかに何年も通ったけれど、あんまり勉強にはならなかったな~w


今は、時間があったら文献読め、な感じなので、なかなか「英語学習」が進まないですね。
どうしたらいいんだろう、って真剣に悩んでいます。










A活

職場が隣接しているお友達とA活してきました
午前中に論文の校正をして、
ダンナからメールがあって「お昼食べよう」っていうので
表参道のNapuleでランチ。


napule

最初に出たサラダ写しそびれ。
napule私のLasagneと旦那のPizza
napule napule
濃厚panna cotta. E` molto buona!

原宿駅まで行って、Rさんと合流。ジャニショへ。
「Lotus」の新しい生写真が出たのよね~。
8枚プラスおおちゃん2枚for my sis購入。

次はauショップ~。
au
嵐ちゃんたちが座った台。それぞれ座ったところにテープが!
au

auSと書かれたところにはもちろん。。。


次はちょっと歩いて宮益坂のファミクラに~

「神カル」のポスターだわ!
fc
あ、だれかと思ったら

プロフィール

serenabaglioni

Author:serenabaglioni
博士後期課程(応用言語学)在籍中。
もうすぐD3おわっちゃうのに、何もできてなくてやばい。
いい年してARASHIラブ(元々ジャニオタ)
   →「趣味の世界」へ
2010年4月から某所で働きます。

人間が好きになる名言集


presented by 地球の名言

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。