スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

書くネタがない

ありましぇん。
学校が休みで、小学生のクラスも一ヶ月休みにしてしまったので(教室を開いて丸10年初めての試みです)、ネタがないのです(汗)。

近々、小学校JETの集まりがあるので、その後報告はしたいと思っております。

ああ、そういえば、初年度から4年間続けた公民館活動としての英語をとうとうおりることにしました。時間的にはさすがの私も一杯一杯、また、ウチには受験生がおりまして、実施されるであろう時間帯に都合がつかないという可能性が大なこともあり無理そう。とはいえ、今年が5年計画の最後の年なのでせっかく続けてきたことを残り一年残してやめるのはどうなんだという思いでミーティングの前々日まで悩みました。

が、どう考えても無理だという結論に。今だって自転車操業なのにこれ以上自分の首を絞めるわけにはいきません。
田舎なので講師が足りないことを知っているだけにとても心苦しかったのですが、背に腹はかえられませんでした。ごめんなさい。

さて、夏休みの1ヶ月間、中高生の夜の授業だけで、ゆっくりのんびりできるのか、というとそうでもありません。夏休み限定、で個人レッスン(といっても数学だったりするんですが)をしたり、なかなかお勉強のはかどらない高校生を呼び出したり(?!)で昼間も結構仕事をすることになりそうです(ヲイ)。

また、今のうちにまた、8月末にresumeするレッスンの数々の準備をしておいたほうがいいのに決まっています。特に最後のほう、ばたばただった小学校の英語レッスンプランは前倒しで考えておかなければ!

やること山積です!ふぅ。
スポンサーサイト

やったー

メール来ました。
受かってました。
試験官の方々、ありがとうございました!!!!!

もう、めっちゃ嬉しいです。
うるうる〜

-----------------------------------------------

長かった英検生活(?)も終わりました。
子供その1にその報告をすると「次の目標は?TOEIC満点?そりゃいくらなんでも無理か!」なんていわれました。

私の当初の目標は

「英検1級に受かったらイタリア語を勉強しなおす」

というものでした。今では・・・そうね、実務をとって高校数学のやり直し、でしょうか。

だいたい、真剣に勉強したのは去年だけでその後、1年のブランクを置いてほとんど準備せずにでかけたのですから、嬉しい反面、恥ずかしい気持ちもあります。勉強しなくて受かった!なんて自慢をしたいのではありません。今後、どうやって勉強すればいいですか?と誰かに聞かれたとしても全然答えることが出来ない・・・これはとても恥ずかしいことです。

今回、1次では読解がほぼ満点でした。これはここ数年、高校英語にどっぷり使っていたので、それなりの量の(大学)入試問題を読んでいたことが関係していたように思います。(逆にリスニングがひどかった!)

二次についてはうかったからいえることですが、勝因は「採点基準が変わったこと」です。スピーチは本当にひどかった。しかし、発音は自分で言うのもなんですがまぁまぁですし、Interaction, grammarにはそれなりに自信がありました。(以前に書いたことがあるかもしれません)。1年前に「もう、絶対に受からない」と思った私が再度挑戦しようとおもったのもひとえに今回の一次を含めた「リニューアル」が明らかに私(の英語力)に追い風だと思われたからです。

タイミングがよかった。

末筆ながら今回、合格なさった皆様にもお祝い申し上げます(^^)

英検二次

あわわわわーーーー。
きちんと準備してなかった自分が悪いんですけど・・・
絶対、教育関係が1つはあると思って、それならいろいろ話せるだろうと、ちょこっと使えそうな単語も調べていったんですよ。

ないじゃないですか・・・childrenのchの字も、educationのeの字も。
(T0T)

まずもって、私、どうやら舞い上がっていたようです。
某所でエレベータにのるのに上向き△押さなきゃいけないのに、下向き▽おしちゃいましたよ。やっと乗ったと思ったら「ん?何階だっけ?」恥を忍んで聞きましたよ、同乗者の方々に。

「よ、4階でよかったでした?」

こんな調子で臨んだ試験ですからね・・・内容もはちゃめちゃでした。

Pros and cons-- self-employment

これが唯一話せそうな内容でした。しかし、あまりに自分に密着したトピックだったため、一般化できず、自分のことを延々話続けちゃいました。(時間です、といわれるまで)。今思えばもっといろいろ内容を膨らませて言えたよーーー。結構ラッキー問題だったかも。(T-T)
続くQ&Aでも「自分のこと」から離れられず、どんな質問にもほとんど自分のことに絡めて喋り捲ってしまいました。またしても「時間です」といわれるまで(恥)。

私ってお喋り?!

ま、そんなわけで、次回はもちっと勉強して行きます、はい。

暑いよ~

朝は曇りだったのに、すっかり晴れて教室はむぉ〜〜ん。
西日本の出身だけど暑さにはめっぽう弱い上に、昨日からの頭痛でくらくらしながら学校へ行った。

今日はALTとの授業。以前、ここで愚痴った彼とだったけど、あることがきっかけで彼はすっかり別人となり(?)、楽しく過ごさせてもらった。きちんとレッスンプランに沿ってくれるし、TTが生きていると思う(ちょっと自己満はいってます)。

ずっと一人きりでやるよりはうんと楽だったが、実は4時間目、かなりふらふらだった。座りたくても座れないし・・・(T0T)。職員室に行ってもエアコンはいってないし・・・。4時間目が終わって帰る段になってエアコンが効いていた(--;;;

明日、あさっても授業がある。何事もなくやり通せますように。
そして、職員室にエアコンが入っていますように(笑)。

夏休み

のことなんて書いている場合ではないのですが・・・・

先日、ある方から「交換留学生を受け入れない?」といわれた。なんでも頼まれたんだけど、無理だから断った、あ、そうだよ、pomodoroさんちならだいじょーぶじゃない!言ってみるよ。そんな話だった。あと1ヶ月もしないうちにやってくるのにへんだなぁ、と思っていたら案の定、「もう、見つかったって」。

がっかり半分、ほっとするの半分。受け入れたい、と以前申し込んだときは「子供が高校生であること」(当時、うちの子達は幼稚園児だった(--;)という理由で断られた。でも実際にそういう話が来ると「部屋がない!」「子供たちは全く相手をしないだろう!」(そういうのに興味がない)という問題が持ち上がった。ま、よかったってことかな。

・・・と思ってたら別の方(教委)から電話があった。「交換留学生の・・・」ん?またその話再燃か?!

いや違った。なんでも交換留学生と市長ほか偉い方々との挨拶・歓迎食事会、お茶会、の通訳してもらえると嬉しい、というお話。
ひぃぃぃ!私に出来るのか?!

そりゃ、ウチはめっちゃ田舎なので「市」たって、10万もいない(全然いない!)ようなところです。大阪市長との会食で通訳、とかだったらひょえ〜でしょうけれどそこまでたいそうなものではないです(市長さん、ごめんなさい)。しかし・・・緊張する(--;。

とはいえ、そういう話に飛びつかないはずのない私、ああ、小学生のレッスン休みにしといてよかったわ!(ヲイ
忙しい忙しいと目を回しているけれど、いっちょかみの私は面白い話に目がなく、ちょっぴりワクワクなのでした。

   ああ、そのまえに勉強(--;
   妹と試験の後のランチの相談なんかしてる場合じゃない(--;

いまいち

最近のレッスンがさえない(T0T)。自分で感じてしまう・・・
なんでかなぁ?

ネタは大きいA小学校のをちょっとアレンジしてB小学校でやる。ところがあまりにクラスサイズが違うので盛り上がらない。というより、盛り上がったとしても一瞬で(--;時間が余ってしまうのだ。

うーーむむむ。
B小学校は各学年、うちの教室の生徒に毛が生えた程度(失礼)の人数しかいない。だから、かえって個人教室でやるような英語レッスンのほうがもりあがるのかなぁ・・・

個人的には「語学学習は【勉強】」だと思っているので、必ずしも盛り上がる必要はないんだけど、でも、こう、なんていうか、「高揚感」が欲しい(と思うのは私だけ?!)。

この一ヶ月レッスンが詰まりすぎているのも原因のような気がする。夏休み中によく練らないと秋からのレッスンがだれてしまいかねないな。

確認(英検一次)

昨日、ネットで必死に確認した。
ほんとうに受かってるのか?!
たぶん、殺到したのだろう。全然つながらない。いらいらした。

結果、・・・ほんとに受かっていた。
Essayのところでおもわぬ得点をいただいたおかげ。。。いとうれし。
ああ、でも、スピーチ何の用意もしてないんだよーーー。
ということで、以前からこっそり見させていただいていた方の日記をリンクさせていただきました。
リンクのお願いをするスペースもないなんて・・・ALCさん、なんとかしてください。。。

さて、私が現在の中3が卒業するまでに受かりたい、というのにはわけがある。
1年ちょっと前の冬に受けた英検で1点足らなかったことを生徒に言ったとき、唯一「それはかわいそうだ」といってくれたのがDくんである。彼はふだん、非常にお調子者であり、そして思春期特有の冷たさがあり、なんと言ってもやる気がない(--; やる気のなさを持って生まれた能力がカバーしてる?!

とはいえ、試験前にぐうたらと全然勉強しないでいられるほどの心臓の持ち主ではないので、ついこないだの英検では「こっそり必死で勉強した」のを私は知っている(笑)。

私は彼に「目標を持ってそれにむかう」ことを身をもって知らせたかった。おこがましいことかもしれないけれど、いろいろな意味で「教えるもの」はただ「教えるだけ」ではなく、successful learnerでありたい。それが私の思い。その思いを伝えたかった。

まぁ、でもまだ私はsuccessful learnerになりきってはいない。
物事に固執することがほとんどない私にあって、英検は長年執着し続けたもの。とにかくこのチャンス、逃してはなるまい。

プロフィール

serenabaglioni

Author:serenabaglioni
博士後期課程(応用言語学)在籍中。
もうすぐD3おわっちゃうのに、何もできてなくてやばい。
いい年してARASHIラブ(元々ジャニオタ)
   →「趣味の世界」へ
2010年4月から某所で働きます。

人間が好きになる名言集


presented by 地球の名言

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。